トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 自分は何者になれるのか。

生レポート!現役学生の声

 

自分は何者になれるのか。

 
2010年2月19日
香川大学 工学部 材料創造工学科 2年
M. K.

自分は何者になれるのか。

私が大学生になりたてのころ、「はたして自分は何者なのだろう?」という思いが、いつも頭を巡っていました。そんな不安にも似た気持ちから、すこしでも興味を持ったことには「とりあえず飛び込んでみよう」というスタンスで、大学生活を送っていました。

そんな「とりあえずの好奇心」を抱えて飛び込んだ企画のひとつが「協定校訪問」でした。これは、香川大学工学部が協定を結んでいる海外の大学を学生たちが訪問して親睦を深めることで、より活発な大学間の交流を図る、という趣旨の企画です。

私が訪問したのはフランスの大学でした。フランスへ行けるだけでも驚きなのですが、さらに素敵なことに、大学だけではなく世界最大の欧州原子核実験施設CERNや世界シェア3位のベアリング会社の工場を見学できたのです!まさかそんな施設を見学するチャンスが訪れるなんて!フランス語はおろか英語もあまりスムーズではありませんでしたが、予想をこえる充実したプログラムを通して、私の中に大きな変化がありました。

帰国する機内で旅の思い出を反芻(はんすう)していたとき、ふと気がついたのです。私が「いま何者なのか」を考えるより、私は「これから何者になれるのか」を考えようと。日本で大学生をしているだけでは、きっと「自分ってなんだろう?」なんて悶々(もんもん)とし続けていたでしょう。この経験は、私の人生においてとても重大な事件となったのです。

さて、中高生のみなさんは、5教科を中心とする基礎的な勉強に縛られた毎日を送っているかと思います。それを退屈に感じる人もいるでしょう。私もそのひとりでした。

でも、大学は違います。私が参加した「協定校訪問」のように、思いがけずフランスに行けることもあるのです(もちろん諸先生方のご尽力あってのことですが)。これは決して大袈裟なことではありません。大学では授業を自分で選びますし、アルバイトも自由にできます。お金を貯めれば国内・海外問わず自由に旅行もできます。大学生活はあらゆるチャンスに満ちているのです。

そうやって自分が「やってみよう!」と思って飛び込んだ経験は、必ず自分自身に返ってきます。そういう好奇心から起こした行動が、これからの人生を築くための道標(みちしるべ)となってゆくのです。

そして、そんな好奇心を持っている人を香川大学工学部は歓迎しています。

あなたは、自分がどんな人間になれるのか知りたいと思いませんか?

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-02-02

生レポート!現役学生の声

想像する未来・創造する未来

和歌山大学システム工学部

2010-03-01

生レポート!卒業生の声

勤めて3年・・・今思うこと。

名古屋工業大学工学部

2010-06-10

生レポート!現役学生の声

大学生活向上計画進行中

電気通信大学情報理工学域

2010-12-15

生レポート!大学教授の声

「はやぶさ」の帰還に思う。ものづくりは人々に感動を与える。

弘前大学理工学部

2010-08-17

生レポート!現役学生の声

建築って楽しいですよ。

琉球大学工学部

2012-09-26

生レポート!現役学生の声

大学生活の学び

弘前大学理工学部

香川大学
工学部

  • 安全システム建設工学科
  • 電子・情報工学科
  • 知能機械システム工学科
  • 材料創造工学科

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。