トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 工学部生活を振り返って

生レポート!卒業生の声

工学部生活を振り返って

2017年9月29日
横浜国立大学大学院 環境情報学府 卒業
宇宙航空研究開発機構 勤務 M.H.
あなたの可能性を広げる工学部

「きぼう」日本実験棟から撮影された台風5号「ノルー」

 私は、横浜国立大学工学部建設学科海洋空間システムデザインコースを卒業後、同大学院環境情報学府を卒業し、現在は宇宙航空開発研究機構の研究開発部門で毎日楽しく働いています。

 現在(社会人6年目)、工学部生活を振り返ると私が工学部生活で得られたことは大きく3つありました。

(1)自分の将来が具体化する

 大学の講義では先生方含め企業で働かれているエンジニアの方の講義も受けることができることが多く、社会で働くことに対し考える、また相談できる機会が多くありました。私は「将来宇宙開発に関わりたい」という夢があり、宇宙関係の研究室があった横浜国立大学工学部を選びましたが、(今思えば、恥ずかしながらあまりにもざっくりした夢だったと思います。)本当に自分がその方面に行きたいのかをじっくり考える機会がありました。

(2)研究室での生活

 研究室でひとつの研究を続けて実施できたことも大学で得られた大きな経験です。研究開発は地道な作業が多いですが、研究室で1つの研究をさせていただいたのでじっくり考えようとする力がつきました。

(3)大学の基礎科目

 会社の私の席には大学の時に使っていた教科書が並んでいます。宇宙機の開発は自身の専門だけでなく、ほかの分野の知識が必要になります。このとき大学で使った教科書がとてもとても役に立ちます。もちろん学んだことが会社に入ってすぐに直結するわけではありませんが、授業で一度体系的に受講できるのは大きな知見になります。

 横浜国立大学は緑豊かなキャンパスで日本各地から学生があつまり、有意義な時間を過ごせる場所です。私が今毎日楽しく働けるのは、横浜国立大学工学部という場所で様々な経験をし、たくさんの人との交流ができたからと思います。
 これから大学進むみなさん、ぜひ1日1日を大切にご自身の道を進んでください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2014-09-19

生レポート!大学教授の声

手作り人工衛星で宇宙の謎を解く

金沢大学理工学域

2016-09-14

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

発泡スチロールでオリジナルスタンプをつくろう

和歌山大学システム工学部

2014-11-18

生レポート!卒業生の声

「卒業後にも活きる学生時代の経験」

室蘭工業大学工学部

2010-02-08

生レポート!大学教授の声

未来へ:工学部の森

横浜国立大学理工学部

2012-10-02

生レポート!大学教授の声

イノベーション・リッチで日本を救おう!

長岡技術科学大学工学部

2016-02-12

なんでも探検隊

青空高く羽ばたく鳥型飛行ロボットをめざして

九州工業大学情報工学部

横浜国立大学
理工学部

  • 機械・材料・海洋系学科
  • 化学・生命系学科
  • 数物・電子情報系学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。