トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 理系は地球を救う!来たれ!工学部!!

生レポート!卒業生の声

理系は地球を救う!来たれ!工学部!!

2016年10月24日
長崎大学 工学部総務班
H.H.
理系は地球を救う!来たれ!工学部!!

長崎大学工学部を卒業して20年近くが過ぎました。私は㈱安川電機でパワーエレクトロニクス機器の研究開発を担当しています。

大学受験のとき、明確な目的があったわけではなく、理系科目が得意(理系しか点が取れない)だったので迷わず工学部に進みました。しかし、そこで人生を大きく変える出会いがありました。転機は研究室に入る4年生の時、そこで人生の恩師と呼べる先生方がいらっしゃる研究室に入ることができ、私のライフワークとなるパワーエレクトロニクスと出会いました。

高校を卒業し大学も3年生までは、与えられた教科書を学び、あらかじめ用意された答えがある問題(テスト)の正答率により優劣が決まります。でも、大学の研究室にはそんな答えはどこにもなく、今まで誰もやったことがない新しいものにチャレンジし研究成果を出すという、これまでの人生にはない苦難とやりがいに満ちた日々が待ってました。

社会人になってからもそうですが、答えの用意された仕事は皆無であり、答えを懸命に探す日々がその後何十年も続きます。大学とはそういう社会に飛び込む前の心構えや武器を与えてくれる場所だと思っています。先生方や先輩方、同期のみんなと寝食を忘れて研究に没頭できた工学部での日々は、今思い起こしてもかけがえのない宝物です。

考えてみてください。自分が作ったものが世の中で使われ、お客様に感謝されて、しかもお金も稼げる。こんな夢のような職業が他にありますか?苦労せずに得られたものに大きな感動はありません。が、情熱さえあれば、苦労も苦労と感じず、目の前の仕事に没頭できます。工学部はそんな可能性を与えてくれる場所です。

迷う必要はありません。理系が得意なあなた。ものづくりが好きなあなた。世の中の役に立ちたいあなたは工学部を選択してください。情熱さえあれば、すばらしい未来が待っています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2016-08-29

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

毛髪の表面を解析しよう

群馬大学理工学部

2010-06-03

生レポート!大学教授の声

ものづくりにおける本当のエコってなんだろう

岡山大学環境理工学部

2011-05-13

なんでも探検隊

複雑な混相流現象のシミュレーション

信州大学工学部

2017-03-10

Pict-Labo

高ダイナミックレンジ画像生成

香川大学工学部

2017-09-08

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

「野菜を使って植物の不思議を調べてみよう」

佐賀大学理工学部

2009-10-01

生レポート!大学教授の声

『生命に学ぶ科学』と出会い、『モノづくりナノ工学』に至る

熊本大学工学部

長崎大学
工学部

  • 工学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。