トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 「卒業後にも活きる学生時代の経験」

生レポート!卒業生の声

 

「卒業後にも活きる学生時代の経験」

 
2014年11月18日
室蘭工業大学 工学部 卒業

「卒業後にも活きる学生時代の経験」

私は現在、航空会社に勤務しており、主に羽田空港を発着する飛行機の整備を担当しています。高校時代から将来は飛行機やロケットなど航空宇宙関係の仕事に就きたいと考えていたため、大学入学時には機械工学を専攻し大学院の修士課程では航空宇宙工学について学べる専攻を選択しました。大学院での研究テーマはロケットスレッドの基盤技術に関するものでした。このような研究は他大学ではほとんど行われておらず、参考になる資料もわずかだったため研究の過程では実験が思い通りにいかず苦労することもありました。また、研究に必要な実験装置は自分たちで設計し、製作可能なものは学内施設の"ものづくり基盤センター"でボール盤等の工作機械を使用して実験装置を製作しました。製作した実験装置を使用して行った、小型ジェットエンジンの試験やハイブリッドロケットエンジンでの走行試験などは貴重な体験になりました。

また、大学進学時から海外での仕事やメーカーでの仕事に興味があったため、修士課程1年目の夏には経産省が募集していた海外インターンシッププログラムに参加しました。1ヶ月間、中国上海市にある日系自動車部品メーカーの現地工場で製品の生産に携わり、取引先の企業を訪問することができました。急成長を遂げる中国でものづくりの現場を見ることができたことは、国際感覚や工学的視野を広げる大きな刺激になり、自分の将来や就職活動を考える上でも貴重な機会になりました。

航空会社の技術職として、飛行機の整備を担当するようになった現在でも、学生時代の経験が活きていると感じることがあります。私が行っている飛行機の整備作業では通常2人~5人程度で一つのチームを作り、飛行機の出発時間までの限られた時間内にチーム内で協力して効率よく作業を行わなければなりません。そのような環境では、自分の手を動かして実験装置を製作し、先生や学生と協力して実験場で装置を組み立てた経験や、初めて訪れた中国でほとんど言葉の通じない中コミュニケーションをとり、一つの製品を一緒に作ったインターンシップの経験が活かされています。現在は仕事をしながら飛行場の整備に関する基礎知識と技術を習得していますが、将来的には海外の航空機メーカーとの共同開発などに携わりたいと考えています。

いまでも久しぶりに学生時代の友人と会えば、当時の思い出話や現在の仕事に関する話で盛り上がります。このような仲間と出会えたことも私の学生時代の財産であると感じています。これから大学に進学される皆さんは是非たくさんの人と出会い、多くのことを経験してほしいと思います。その出会いや経験が卒業後にも貴重な財産になります。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2011-01-28

生レポート!卒業生の声

技術者・研究者を目指す皆さんへ

香川大学工学部

2015-12-04

生レポート!卒業生の声

新しいことに貪欲であり続ける

筑波技術大学産業技術学部

2015-01-13

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.16】目指せ!世界で活躍する女性エンジニア!!

香川大学工学部

2011-06-24

生レポート!卒業生の声

「失敗」と書いて「将来への糧」と読む

秋田大学理工学部

2015-11-26

生レポート!現役学生の声

海外で学ぶということ

室蘭工業大学工学部

2010-01-22

生レポート!大学教授の声

工学を学び「ものづくり」のリーダーに

京都工芸繊維大学工芸科学部

室蘭工業大学
工学部

  • 建築社会基盤系学科
  • 機械航空創造系学科
  • 応用理化学系学科
  • 情報電子工学系学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。