トップページ > 生レポート!卒業生の声 > アイデアがあれば何でもできる!それが工学の魅力です

生レポート!卒業生の声

 

アイデアがあれば何でもできる!それが工学の魅力です

 
2013年1月16日
横浜国立大学 工学部(現:横浜国立大学 理工学部) 卒業
横浜国立大学大学院工学研究院 
豊田 希


「こんなロボットあったらいいな。」その思いつきで、ものづくりが始まります。

【ものづくりはお料理と同じです】

ものづくりはお料理と似ています

ものづくりはお料理と似ています

お料理の場合は、献立を考えて、ネットでレシピを検索して、スーパーで食材を買って、台所で調理して、美味しくなければ、塩をフリフリ♪そして、出来上がった料理を、もう少しこうすれば良かったとか、味付けを考えながら食べますね。
ものづくりの場合は、「こんな機械作りたいな」とアイデアが浮かべば、どのように作るか考えて(設計)、必要なパーツを手配して、加工して組み立てて、テストします。うまく動かなければ、ちょっと改良♪いかがですか。ほとんど同じですよね。


【学生時代:自動車の一部分を電気と油圧で制御する研究】

トロイダル無段変速機

トロイダル無段変速機

噴霧可視化装置による噴霧形状

噴霧可視化装置による噴霧形状

大学2年生の時に授業で、トロイダルCVT:Continuously Variable Transmission(無段変速機、速度を滑らかに変化させるための機械)に出会いました。“富士山(入出力ディスク)に挟まれたおまんじゅう(パワーローラ)が傾くことでスピードが変えられる。”難しい理論はありますが、簡単に考えればそんなイメージです。

私はこのCVTに憧れて希望の研究室に入り、大学4年生ではエンジンに燃料を噴射する弁を、大学院修士課程では吸気排気弁を独立で制御する装置を、博士課程ではCVTを研究しました。いろいろやった中で思い出深いことは、機械工場で燃料噴射弁の可視化装置を作り、下からライトを当てて普通のデジカメで連写し、たまたま撮れた写真が右の写真(きれいに噴霧されている様子が見られます)です。噴霧が短時間なので、通常は高価なカメラで撮影されますが、工夫すればその一端を垣間見ることができます。どこまできれいに見たいか、要望によって実現すべき質は変わりますが、エンジニア(技術者)はまずは自分の手持ちのアイデアと道具を使って、できる範囲でトライすることができます。その際に活きてくるのは、それまでどのような経験をしてきたかということです。経験しただけ引き出しは多くなり、一見関係ないと思われる経験も、ふとした時に活用できます!


【現在:ロボットを使って人間を計測中】

機械を介して握手ができます

機械を介して握手ができます

私は、横浜国立大学大学院工学研究院の研究教員(理工学部機械工学・材料系学科担当)として採用され、学生時代の自動車の研究から一転して、研究領域を広げるためにロボットの研究に移りました。現在は、ハプティックデバイスと言って、離れた人に力感覚を伝える研究を行っています。この技術が実現すれば、機械を介して、地球の裏側の人と握手ができます。ここで重要なことは“人間が機械を人間的と感じられるか”ということになります。
ロボットの研究ではありますが、究極的には人間を研究していることになり、人間はどのような点を重要と感じるのか。人間はどの程度順応性があるのか。など、人間の素晴らしさ、面白さを見出していく研究と考えられます。

機械を介して握手ができます

横浜国大の航空写真
港を望む緑多きキャンパスです


【横浜国大の魅力】
私は、学生時代からずっとこの大学にいますが、もともとゴルフ場だったところに移転したので、横浜の丘の上で緑が多く、とても良い環境です。
機械工学教育プログラムには、ものづくりが好きな、アイデア豊かで元気な学生がたくさんいます。学生フォーミュラやロボコン、鳥人間など“ものづくり”を目的とした活動があり、授業でも一人乗り電気自動車を作る授業や10分の1サイズの4輪駆動車両を作製し、自律走行プログラムを構築する授業も行なわれています。実践的な授業の中で手を動かす機会が多く、ものづくりの面白さを実感することができます。


工学を勉強して物事の原理が分かれば、より快適な生活が実現できます。
是非、興味を持って、夢の技術に挑戦するエンジニアを目指してください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-10-11

生レポート!大学教授の声

サイエンスとものづくり

新潟大学工学部

2010-02-08

生レポート!卒業生の声

モノづくりを通して感じること

広島大学工学部

2011-12-05

生レポート!大学教授の声

若者よ、勉強しなさい。

山口大学工学部

2010-06-03

生レポート!大学教授の声

ものづくりにおける本当のエコってなんだろう

岡山大学環境理工学部

2012-06-15

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.1】工学女子はグローバルな女性リーダーをめざして輝いています

新潟大学工学部

2010-01-22

生レポート!大学教授の声

工学を学び「ものづくり」のリーダーに

京都工芸繊維大学工芸科学部

横浜国立大学
理工学部

  • 機械・材料・海洋系学科
  • 化学・生命系学科
  • 数物・電子情報系学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。