トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 役に立つということ

生レポート!卒業生の声

 

役に立つということ

 
2012年10月24日
金沢大学 工学部(現:金沢大学 理工学域)
卒業
石川県工場試験場 勤務
的場 彰成


役に立つということ

「こんな勉強が何の役に立つのですか?」

誰でも一度はこのような疑問を抱いたり、逆に問われたりしたことがあると思います。特に、サイン・コサイン、微積分、ベクトルなど耳慣れない記号、数式が飛び交う数学や物理で、このような疑問はよく巻き起こると思います。四則演算ができれば、日常生活で困ることはそうそうないわけですから、このような疑問が沸き起こるのはもっともと言えるかもしれません。

私が工学部を選んだのは、この記号や数式がどんな意味を持ち、どのように社会に貢献しているのかを知りたかったからです。その中でも携帯電話などに代表されるように、発展が目覚しい電子系の分野を選択し、電子回路や材料物性の観点からこれら記号や数式の重要性を学習していきました。現在は石川県工業試験場に在籍しており、工学部で学んだ知識を用いて主に不具合原因の解析や製品開発に繋がる研究を行っています。いずれの業務でも、数式などによる理論に基づいて行わないと本当に良いものはなかなかできず、これらを通じて、記号や数式と社会との関わりを実感することができるようになりました。

役に立つということ

一見役に立ちそうにない記号や数式も、気づかないところで使われていることが多々あります。更なる発展のためにはこれら数式を理解して使いこなしていく必要があり、これを実感できるところが工学部という場所なのだと思います。皆さんももし社会との関わりをものづくりの観点から感じたいと思ったら、工学部を選んでみてはどうでしょうか。これを読んで一人でも多くの人に工学部が魅力的に映れば幸いです。 しかし実際の現場では、勉強したことがそのまま役に立つわけではありません。結局のところ、学んできたことが何の役に立つか、立たせることができるかは自分次第なのではないでしょうか。 「あなたはだれかの役に立っていますか?」

これを問い続けることが工学部の宿命なのかもしれません。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-09-13

生レポート!現役学生の声

有機化学を学び社会に通用する技術を身につけたい

横浜国立大学理工学部

2014-09-16

生レポート!卒業生の声

大学生活で感じた「情報の扱い方」

富山大学工学部

2010-08-17

生レポート!現役学生の声

建築って楽しいですよ。

琉球大学工学部

2016-04-07

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

やりたいことを好きなだけ

福井大学工学部

2010-02-19

生レポート!現役学生の声

自分は何者になれるのか。

香川大学工学部

2012-10-18

生レポート!現役学生の声

難しいことをおもしろく

富山大学工学部

金沢大学
理工学域

  • 数物科学類 数学コース
  • 数物科学類 物理学コース
  • 数物科学類 計算科学コース
  • 物質化学類 化学コース
  • 物質化学類 応用化学コース
  • 機械工学類
  • 電子情報学類
  • 環境デザイン学類 土木建設コース
  • 環境デザイン学類 環境・防災コース
  • 環境デザイン学類 都市デザインコース
  • 自然システム学類 生物学コース
  • 自然システム学類 バイオ工学コース
  • 自然システム学類 物質循環工学コース
  • 自然システム学類 地球学コース

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。