トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 「失敗」と書いて「将来への糧」と読む

生レポート!卒業生の声

 

「失敗」と書いて「将来への糧」と読む

 
2011年6月24日
秋田大学 機械工学専攻 卒業
航空宇宙関連企業 勤務
K. S.

「失敗」と書いて「将来への糧」と読む

「皆さんは大学生である今、何を頑張って将来何になりたいですか?そして、今の勉強を頑張ればそれになることはできますか?」この質問を容易に答えることができれば誰も苦労しません。そして、学生のときの私も答えることはできませんでした。学生を終えた今だからこそ答えることができるような気がします。この質問について私なりの取り組みについてお話したいと思います。

はじめに、大学の授業とは椅子に座って黒板の内容をノートに写しテストを受けて合格すれば基本的にOKというもの。(すべてがこのような授業形態というわけではありません)それは当然のことで何の問題もありません。また、点数がよければA評価がもらえます。そして行きたい企業に推薦がもらえます。では、勉強だけをしていればいいのでしょうか?今だからこそいえますがそんなことはありません。

宇宙開発が好きな私は大学のサークル活動でハイブリッドロケットというものに出会い、ロケット製作に明け暮れました。私の代からハイブリッドロケットの開発に取り組んだこともあり、オーバーな表現ですが死ぬかと思うほど寝ずに設計・製作作業をしました。

「失敗」と書いて「将来への糧」と読む

そして打ち上げ実験当日、空高く打ち上がったロケットは成功かと思われた瞬間、パラシュートの展開に失敗し、今までの苦労が一瞬にして、ロケットの機体共々砕け散りました。その日の夜、徹夜から解放されたはずなのに宿で眠れず打ち上げに至るまでのさまざまなことを考えていました。その結果、私の中で「工学とは授業を受けるだけ(受身)では何もできない。自ら進んで動き、考えていかなければ製作したものが自分の期待するとおりに動いてくれない」という結論に達しました。この失敗は、私に「工学」とは何かを教えてくれた人生の大きな分岐点だったのかもしれません。

この失敗がきっかけで私はその後、自身の知識・経験を深めるためインターンシップで北海道の企業に行ったり、自分と同じようにロケット開発をしている他大学の人と積極的に関わりを持つようになりました。そして、そのおかげでプレゼンテーション能力もつき、就職活動ではそれほど苦労せずに第一希望の会社に入社することができました。

私のこの記事の最初の質問を私自身が答えるとしたら次のようになります。
今の勉強を頑張ることはもちろん必要です。しかし、工学という分野は頑張ったからうまくゆくものではありません。どんなに努力しても原因が究明できなければ何度やっても失敗します。また、失敗すればするほど視野がどんどん狭くなり重要なものを見逃してしまいます。そのためにも普段からたくさんの人に自分から関わったり、知識だけでなく実際に作る作業を自ら進んで実行してください。これが現時点の私の答えです。
たくさんの経験は人生を左右する分かれ目で大きな助けとなります。工学を志す皆さんは是非、授業のほかに多くの経験・実践を進んで実行してください。

その数々の経験のおかげで私は今、航空宇宙産業の分野に就職することができました!
今後、工学を目指す皆さん!是非自らの力で学生のうちに工学を経験してください。秋田大学はそんな経験をすることができる数少ない大学の1つです!

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2016-02-12

なんでも探検隊

青空高く羽ばたく鳥型飛行ロボットをめざして

九州工業大学情報工学部

2012-10-02

生レポート!大学教授の声

イノベーション・リッチで日本を救おう!

長岡技術科学大学工学部

2012-11-29

生レポート!卒業生の声

問題意識を持つエンジニアへのお誘い

山形大学工学部

2011-02-22

生レポート!現役学生の声

新しい材料で未来をつくる

愛媛大学工学部

2012-10-18

生レポート!現役学生の声

難しいことをおもしろく

富山大学工学部

2016-02-04

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.25】自分の興味と向き合う

三重大学工学部

ロケットなど航空宇宙について学べる・研究している大学/学部/学科はこちら>>

秋田大学
理工学部

  • 生命科学科(生命科学コース)
  • 物質科学科(応用化学コース)
  • 物質科学科(材料理工学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(数理科学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(電気電子工学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(人間情報工学コース)
  • システムデザイン工学科(機械工学コース)
  • システムデザイン工学科(創造生産工学コース)
  • システムデザイン工学科(土木環境工学コース)

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。