トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 『ものづくり』って面白い!!

生レポート!卒業生の声

 

『ものづくり』って面白い!!

 
2010年1月22日
鹿児島大学 工学部 機械工学科卒業
D. N.

『ものづくり』って面白い!!

「ものづくり」に興味のあった私は大学在学中、エコラン研究会というサークル活動をしていました。エコランというのは50ccエンジンを使用し1リットルのガソリンでどこまで走れるか挑戦する競技です。そのサークルではエコランマシンを製作し競技大会へ参加していました。仲間と協力しマシンを製作していく中で、「ものづくり」の面白さを実感することができました。

特に興味を持ったことはフライス盤や旋盤などの工作機械を使用し、鉄やアルミなどの材料を加工しマシンの部品を製作していくことでした。設計図をもとに要求通りの寸法に仕上げ、ボルトで固定するための穴やタップを加工するわけですが、材料の材質や寸法、工作物に応じた工具の選定など1つ1つの作業の中にも知識や技術が必要であり奥深いものです。当時(今現在もですが・・・)、何も知らない私は工具を折ったり、機械をぶつけたり、製作中の部品をおしゃかにしてしまったりと失敗ばかりでした。「失敗の経験こそが技術を進歩させていくんだぁー!」と勝手な言い訳で自分を慰(なぐさ)め、試行錯誤しながら製作に携(たずさ)われたことも今ではいい思い出です。

大学卒業後、工作機械メーカー、半導体製造メーカーと2つの会社で設備設計を経験し、現在は母校の技術職員として働いています。仕事内容は実験工場で工作機械を使い研究等で使用する部品の製作や、学生が工場を利用する際の技術サポートなどを担当しています。以前の仕事と内容こそは変わりましたが、これまでと同じように「ものづくり」に携われるとともに、学生へ「ものづくり」の技術や楽しさを伝えるという点でまた違った面白さがあります。まだまだ未熟者ですので、正しい知識や技術を伝えられるよう、私自身も日々技術を磨いている段階です。

工学部では「ものづくり」をするための基礎を学ぶことができます。「ものづくり」に興味がある、自分で何か作ってみたい、将来エンジニアになりたいとの思いがあれば、ぜひ工学部で学んでみませんか。工学の基礎を学ぶことで新たな発見があったり、身の周りのどこにでもあるような物に対して見方が違ってくるかもしれません。「自分で創ったものが人の役に立ち、喜ばれて利用されている」これこそが技術者冥利(みょうり)に尽きることだと思います。きっと「ものづくり」って楽しいものですよ。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-01-16

生レポート!卒業生の声

アイデアがあれば何でもできる!それが工学の魅力です

横浜国立大学理工学部

2011-12-05

生レポート!大学教授の声

若者よ、勉強しなさい。

山口大学工学部

2010-06-10

生レポート!現役学生の声

大学生活向上計画進行中

電気通信大学情報理工学域

2010-06-02

生レポート!大学教授の声

社会への影響力を知る、誇り高き技術者・研究者に

室蘭工業大学工学部

2014-01-27

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.10】大学は日々疑問と発見の連続!

茨城大学工学部

2010-03-10

生レポート!現役学生の声

自分の考え

山形大学工学部

鹿児島大学
工学部

  • 機械工学科
  • 電気電子工学科
  • 建築学科
  • 環境化学プロセス工学科
  • 海洋土木工学科
  • 情報生体システム工学科
  • 化学生命工学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。