トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 工学部で学んだ「モノづくり」の大変さと喜び

生レポート!卒業生の声

 

工学部で学んだ「モノづくり」の大変さと喜び

 
2009年10月01日
山口大学 工学部 
パワーエレクトロニクス講座卒業
H. N.

私は、小さい頃から、自分で考案したり設計したりして創り上げたものを、多くの人々に使って頂きたいという夢がありました。そこで、大学進学時には、実際の「モノづくり」を勉強ができる工学部の電気電子工学科へ進むことを決めました。

入学してから学部3年生までは、モノをつくる為の基礎をしっかり学びました。学部4年生になってパワーエレクトロニクス研究室の配属となり、大学卒業後に同大学大学院へ進学して修了するまでの3年間は、卒業研究や修士論文研究として、念願の自分で設計した回路の試作とその実験的な特性の評価を行いました。

これが私の幼少からの夢だったわけですが、実際に設計、試作、評価実験を行うと、その途中過程で様々な困難にあたりました。シミュレーションでは動作していたはずの回路が、実際に作成してみると期待通りには動作しないのです。何度も動作確認を繰り返し、様々な和洋文献を調査したりしていくと、自分の設計した回路には幾つかの問題があることに気がつきました。そして、判明したこれら様々な問題を一つ一つ解決し、最終的には期待通りの動作をしてくれる回路を実現できた際には、「モノづくり」の大変さを実感する事が出来たともに、「モノづくり」に対するひと際大きな喜びを得ることができました。

これらの経験を通して、私が「工学部に進んで最も良かった」と心から思う事は、自ら設計したモノが実際に動く喜びを体感できることです。また、大学院修了後、実際に「モノづくり」が実践できる会社に就職できた事も「工学部に進んで良かった」と思えることの一つです。社会人となった今、工学部で学んだ知識を活かしつつ、技術者として更なる高みを目指して日々努力していきたいと思います。

皆さんも工学部で「モノづくり」に触れてみませんか。皆さんの身の周りにあるものを自分で設計し、また、その中に設計者独自のアイディアを盛り込んで多くの人々に喜んで頂くというのは、「モノづくり」技術者の醍醐味だと思います。一緒に便利で快適な未来を創りましょう。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2011-11-30

生レポート!現役学生の声

東京湾の安全を守るため、将来を見据えた研究・訓練の日々

東京海洋大学海洋工学部

2011-05-09

生レポート!現役学生の声

「ものつくり」やってみませんか?

埼玉大学工学部

2010-08-23

生レポート!卒業生の声

モノづくりのすすめ

富山大学工学部

2010-02-08

生レポート!卒業生の声

モノづくりを通して感じること

広島大学工学部

2013-01-16

生レポート!卒業生の声

アイデアがあれば何でもできる!それが工学の魅力です

横浜国立大学理工学部

2010-06-03

生レポート!大学教授の声

ものづくりにおける本当のエコってなんだろう

岡山大学環境理工学部

山口大学
工学部

  • 機械工学科
  • 社会建設工学科
  • 応用化学科
  • 電気電子工学科
  • 知能情報工学科
  • 感性デザイン工学科
  • 循環環境工学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。