トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > 廃プラスチックをリサイクルしてみよう!

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

廃プラスチックをリサイクルしてみよう!

2018年8月24日
宮崎大学 工学部

 プラスチックは、石油などの化石燃料から作られる物質です。石油は限りある資源であると同時に、燃やすとCO2が発生するため、地球温暖化の原因となります。また、最近では、プラスチックごみが環境中に不法に投棄され、海洋で細かく分解してマイクロプラスチックとなり、生態系に影響を与える可能性も指摘されています。

 プラスチックは、熱可塑性を持つ物質です。熱を加えるとやわらかくなり、冷ますと硬くなります。この性質を利用して、廃プラスチックはさまざまなプラスチック製品の材料としてリサイクルされています(マテリアルリサイクル)。プラスチックには、ポリスチレン、ポリエチレン、PET、ポリプロピレンなど、多くの種類があり、それぞれ溶ける温度や硬さが違うため、リサイクルするためには、種類ごとに分別することが重要です。

 資源の有効利用と環境保全のため、さまざまな方法でプラスチックがリサイクルされています。みなさんもその方法を実践してみましょう。

1.プラスチック容器から自作キーホルダーアクセサリを作ってみよう

  1. スーパーなどで利用されている透明の容器を使います*1

  2. 平らな部分を切り取り、マーカーでペイントします。完成品の大きさ(面積)は、約1/3~1/5になります。プラスチックの厚さによって、縮小の度合いが違ってきます。

  3. 予熱したオーブンに入れます。アルミホイルに載せて入れると良いでしょう。160℃で2~4分ほどで出来上がります*2。はじめは丸まって、次第に平らになってきます。動きが無くなったら、取り出します。熱いので取出しには軍手を使いましょう。

  4. ガスレンジで温めたドライバーなどで、穴をあけ、チェーンなどをつけたら完成です。今回は、約1/4の大きさに縮みました。

    加熱前加熱前
    加熱後加熱後

    *1いろいろなプラスチック容器があります。
    写真はポリスチレン「PS」製のプラスチックを使いました。

    *2プラスチックの種類によって温度や時間は異なります。

2.ストローを利用したリングの作成

プラスチック製のストローは、使い捨てられますが、加熱することでアクセサリーを作れます。

  1. クッキングシート(オーブンシート)の上に何本かのストローを並べます。

  2. その上にクッキングシートを乗せます。

  3. 最大加熱したアイロンをあてます。ストローが半分くらい溶けて結合するくらいで加熱をやめると、きれいにできます。

  4. 適当な位置に穴あけパンチで穴を開けて、リボンで結びます。

3.PETボトルでビーズを作る

  1. PETボトルの平らな部分をおおよそ2×5cmの大きさに切り、マーカーで色を塗る。

  2. 予熱したオーブンに色を塗ったPETボトルを入れる。約190℃で加熱をし、ちょうど良い大きさに丸まったら加熱をやめる。*1、*2

  3. ゴムひもを通して、ブレスレットなどを作る。

    *1形を切り取る方向により、形状の変化の仕方が変わってきます。
    いろいろな形を切り取って、どんな形に変化するか、観察してみよう。

    *2うまく丸まらないものもあります。
    多めに作って、ビーズとして使えそうなものを選びましょう。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2018-09-14

環境への取り組み

持続可能な未来のためにエネルギーを考える ―政策指向の文理融合研究―

横浜国立大学理工学部

2018-09-28

環境への取り組み

路面凍結防止剤が道路環境に及ぼす影響とその対策

福井大学工学部

2017-10-06

環境への取り組み

竹から機能性食品と最先端材料の段階的製造

九州工業大学工学部

2017-03-24

生レポート!大学教授の声

身の回りのプラスチックと最先端研究

山形大学工学部

2013-02-06

なんでも探検隊

プラスチックが電気を通す!~ノーベル化学賞 白川英樹先生が発見した共役高分子の魅力~

山口大学工学部

2017-02-10

生レポート!現役学生の声

学生生活は欲張っていこう!

東京農工大学工学部

宮崎大学
工学部

  • 環境応用化学科
  • 社会環境システム工学科
  • 環境ロボティクス学科
  • 機械設計システム工学科
  • 電子物理工学科
  • 電気システム工学科
  • 情報システム工学科

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。