トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > コマはなぜ倒れないか ―コマの原理とコマ合戦―

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

コマはなぜ倒れないか ―コマの原理とコマ合戦―

2016年1月27日
信州大学 繊維学部

小学生対象のコマに関する実験室を企画しました。
コマのことを勉強して、最後にコマを使ってコマ合戦を行いました。

はじめに

紙コップの裏側に小さく切ったアルミホイルをセロハンテープで貼り付けます。

 コマの運動を理解する前に、一般的なものの運動について考えてみます。

 まず、ものには重さがあります。重さは地球と物体が引き合う力(万有引力)です。万有引力のもとになるのは、物体の持つ質量です。重さは地球の上か、月の上か、宇宙空間か、場所によって大きさが変わりますが、質量は物体に固有の変化しないものです。

 コマは、かたちの変わらない硬い物質でできていることが多いです。気体や液体のようにかたちが定まっていないものや、ゴムなどのように力が加わると変形するものもありますが、固くて変形しない大きさのあるものを「剛体」と呼んでいます。剛体には重さのバランスの取れる点があります。重心と呼びます。

 重心は棒のようなもので考えるとわかりやすいですが、棒だけでなく、平面にも、立体物にもあります。吊るしてみれば分かります。

物体の運動

 剛体を放り投げると、多くの場合回転しながら飛んでいきます。このとき重心に注目すると重心は放物線を描いていることがわかります。また、回転も重心を中心にしていることがわかります。重心は物体の運動を理解するために重要です。

 手のひらにほうきを逆さに立ててバランスをとる遊びをしたことがあるでしょう。この場合、ほうきの重心がほうきを支えている手よりも高いところにあるので不安定になります(倒れてしまいます)

 逆に重心よりも上で支える(吊るす)と安定です。これは振り子などの運動に見られます。

コマの運動 ―歳差運動―

 コマを回したときのことを考えてみましょう。
コマの重心は、コマを支えている支点よりも高いところにあります。なので、コマを回さないときには、コマはすぐ倒れてしまいます。

 コマを回すとどうでしょう。今度は倒れないで回り続けます。そして、コマの回転軸はゆっくりと方向を変えて先端が回転するように動きます(これをみそすり運動あるいは歳差運動と呼びます)。地球の回転軸も歳差運動をしています。

コマは、なぜ倒れないのでしょうか。なぜみそすり運動をするのでしょうか。

 この運動については大学の物理学で勉強します。

 ちょっと難しくなりますが、回転している物体に力が加わると回転している軸と、加えられた力の方向で作られる平面に対して直角方向に力が発生します。それで歳差運動が生じるような力が働き、コマは倒れることなく回転を続けられるのです。支点の摩擦などによって回転が遅くなると、歳差運動を起こす力が弱まって、重力の影響が大きくなって倒れることになります。

コマの運動を体感する

 コマの歳差運動は観察できますが、歳差運動を起こす力を目に見ることはできません。そこで体感装置を作ってみました。名付けてSaisor-V(サイサーブイ)。

 電池でモータに付けたおもりを回転させます。その時モータを手に持ちモーターの軸を傾けようとすると。。。あら不思議、想像していなかった方向に力を感じます。これがコマの歳差運動を起こしている力だったんですね。

コマ合戦

紙コップの裏側に小さく切ったアルミホイルをセロハンテープで貼り付けます。

 コマの運動を勉強したあとは、みんなでコマ合戦をして遊びました。 コマ合戦はコマ用の土俵の上ではじき出されず最後まで回り続けたコマの勝ちとなる勝負です。2回連続で勝つと1試合勝利となります。コマ合戦では信州コマ倶楽部の方々にお世話になりました。

最後に

 コマの運動は身近にありながら、不思議な感じのする、一般にはよく理解されていない運動の一つです。このような運動はほかにもあります。調べてみると面白いですね。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2016-08-19

生レポート!大学教授の声

夢が広がる・夢を実現する工学の世界

新潟大学工学部

2016-11-21

生レポート!大学教授の声

異分野融合研究を成功させるためには

豊橋技術科学大学

2017-03-03

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

工学部への道

宮崎大学工学部

2010-02-19

環境への取り組み

快適で環境に優しい最新の乗り物~電気自動車と電池推進船の普及に向けた取り組み~

東京海洋大学海洋工学部

2012-10-02

生レポート!大学教授の声

イノベーション・リッチで日本を救おう!

長岡技術科学大学工学部

2014-09-19

生レポート!大学教授の声

手作り人工衛星で宇宙の謎を解く

金沢大学理工学域

信州大学
繊維学部

  • 先進繊維・感性工学科
  • 機械・ロボット学科
  • 化学・材料学科
  • 応用生物科学科

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。