トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > テンセグリティーボールのつくりかた

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

テンセグリティーボールのつくりかた

2016年1月27日
福島大学 共生システム理工学類

6本バージョン

準備するもの

準備するもの
  • 太い ストロー 2本(三等分します)
    太さ10㎜ 長さ21㎝
  • 細い ストロー 6本(二等分します)
    太さ6㎜ 長さ21㎝
  • わゴム 6本

下準備

下準備
  • 太いストローの中に細いストローを2本いれます。
  • 2本の細いストローの間にわゴムを通します。
  • わゴムの張り具合が左右で同じようにしましょう!
  1. 青いストローの間に黄色のわゴムをはさみます

    青いストローの間に黄色のわゴムをはさみます。

  2. 反対側にも同じようにはさみます。

    反対側にも同じようにはさみます。

  3. 緑のストローの間に青いわゴムをはさみます。

    緑のストローの間に青いわゴムをはさみます。

  4. 黄色のストローの間に黄のわゴムをはさみます。

    黄色のストローの間に黄のわゴムをはさみます。

  5. 形を整えたら完成です。

    形を整えたら完成です!!

12本バージョン

準備するもの

準備するもの
  • 太い ストロー 4本(三等分します)
    太さ10㎜ 長さ21㎝
  • 細い ストロー 12本(二等分します)
    太さ6㎜ 長さ21㎝
  • わゴム 12本
  1. 三角形のように並べてストローの間にわゴムをはさみます。

    三角形のように並べてストローの間にわゴムをはさみます。

  2. 三角形を2個作ります。

    三角形を2個作ります。

  3. 緑のストローの間に青いわゴムと白いわゴムをはさみます。

    緑のストローの間に青いわゴムと白いわゴムをはさみます。

  4. 黄色のストローの間に緑のわゴムをはさみます。

    黄色のストローの間に緑のわゴムをはさみます。

  5. 黄色のわゴムを青色と白色のストローの間にはさんで完成。

    黄色のわゴムを青色と白色のストローの間にはさんで完成!!

10本バージョン

準備するもの

準備するもの。
  • 太い ストロー 4本(三等分します)
    太さ10㎜ 長さ21㎝
  • 細い ストロー 10本(二等分します)
    太さ6㎜ 長さ21㎝
  • わゴム 10本
  1. 図のようにわゴムとストローを組み合わせて五角形を作ります。

    図のようにわゴムとストローを組み合わせて五角形を作ります。

  2. 同じ向きの五角形を二つ作ります。

    同じ向きの五角形を二つ作ります。

  3. 図のようにかさねます。

    図のようにかさねます。

  4. 黄色のストローの間に緑色のストローをはさみます。

    黄色のストローの間に緑色のストローをはさみます。

  5. 緑色のストローの間に黄色のストローをはさみます。

    緑色のストローの間に黄色のストローをはさみます。

  6. 完成。

    完成!

おまけ

24本バージョン24本バージョン
30本バージョン30本バージョン
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-09-13

生レポート!現役学生の声

有機化学を学び社会に通用する技術を身につけたい

横浜国立大学理工学部

2016-12-21

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

赤外線距離センサーを使おう

名古屋工業大学工学部

2015-11-30

環境への取り組み

マイクロバブルとミストによる環境浄化

熊本大学工学部

2017-01-27

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

コマはなぜ倒れないか ―コマの原理とコマ合戦―

信州大学繊維学部

2014-01-10

なんでも探検隊

氷スラリーの新たな生成方法とその応用技術

弘前大学理工学部

2015-10-15

生レポート!大学教授の声

研究と勉強

京都工芸繊維大学工芸科学部

福島大学
共生システム理工学類

  • 人間支援システム専攻
  • 産業システム工学専攻
  • 環境システムマネジメント専攻

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。