トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > 墨流しで素敵な「しおり」

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

墨流しで素敵な「しおり」

2016年12月27日
宮崎大学 工学部
手順

墨流しは、マーブリングとも呼ばれています。水に浮かぶ墨汁や絵の具を水面に垂らして模様を作り、出来た模様を紙に写し取るものです。平安時代(9世紀頃)から伝わる伝統芸術ですが、実は科学が詰まっています。

準備するもの

  • 墨流し用の市販の絵の具
  • 半紙などの紙
  • 裏打ち用紙(書道で使用するもの)
  • 新聞紙
  • メーパータオル
  • ラミネートフィルム
  • 爪楊枝または面相筆
  • きれいな水(精製水など)
  • きれいなトレー(油汚れなどをせっけんで洗い落とし、水道水でよく洗い流す)
  • アイロン
  • ラミネータ

作り方

  1. 手順

    トレーに水を張り、新聞紙で水面を被い、新聞紙の端をつまみ上げて取り除きます。

    *水面の油汚れが新聞紙に吸い取られ、きれいな水面となります。

  2. 手順

    爪楊枝または面相筆に少量の絵の具を付け、水面を触る様に絵の具を広げる。

    *墨流し用の絵の具は、水になじまず油になじむ(疎水性の)顔料に、水と油になじむポリビニルアルコール(PVA、洗濯のり)を加えて水中に分散させたものです。顔料が水中に溶け込むことなく、PVAと相まって水面上に大きく広がります。

  3. 水面に風を送ったり、きれいな爪楊枝などでひっかいたりして、水面に浮かぶ絵の具を動かして模様を作ります。

  4. 半紙(つるつるの面)で水面を被う。紙の端を指でつまみ、トレーの縁で水をしごき取るように紙を滑らして取り除く。なお、水面に残った絵の具は、新聞紙で取り除けるため、水は何度も使えます。

    *紙の繊維はセルロースです。水にも油にもなじむ性質を有しているため、疎水性の顔料とも相性がよく、模様がうまく半紙上に写し取られることになります。

    半紙(つるつるの面)で水面を被う。紙の端を指でつまみ、トレーの縁で水をしごき取るように紙を滑らして取り除く。なお、水面に残った絵の具は、新聞紙で取り除けるため、水は何度も使えます。
  5. 半紙の水分をペーパータオルにしみこませて取り除き、アイロンを掛けて乾燥させる。裏打ち用紙で補強し、ラミネート加工する。穴を空け、ひもを通せば、あなただけのしおりが完成します。

各成分の性質

各成分の性質
各成分の性質
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2016-09-14

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

発泡スチロールでオリジナルスタンプをつくろう

和歌山大学システム工学部

2016-10-28

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

電気の力で的あてゲームをしよう!

徳島大学理工学部

2009-10-01

なんでも探検隊

携帯電話を分解してみよう!

山形大学工学部

2015-12-17

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.22】苦手克服から開けた道

大分大学工学部

2014-02-27

環境への取り組み

大気汚染をシミュレートする

神戸大学海事科学部

2016-03-14

生レポート!卒業生の声

異分野と連携した研究を通じて、私が学部、大学院で培った力

宮崎大学工学部

宮崎大学
工学部

  • 環境応用化学科
  • 社会環境システム工学科
  • 環境ロボティクス学科
  • 機械設計システム工学科
  • 電子物理工学科
  • 電気システム工学科
  • 情報システム工学科

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。