トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > 手作りスピーカーを作ろう

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

 

手作りスピーカーを作ろう

 
2014年1月10日
福井大学 工学部 物理工学科 物理博物館

スピーカーってなに?

図1 スピーカーの略図

スピーカーとは図1でも分かるように
電気信号を音に変える装置のことです。
音を出す仕組みとしては以下のような流れになっています。

  • ①コイルに電気(交流)が流れる。
  • ②コイルが磁石になる。
  • ③コイルが磁石の周りを動く(振動する)。
  • ④空気を揺らす!
用意するもの

導線(太さ0.2ミリ)、電子オルゴール、プラスチックコップ、スティックのり(コイルを巻くため)、磁石、電池、電池ケース、紙、セロハンテープ、紙やすり、ニッパー

作り方

約50巻きのコイルを作ります。この時に、紙を巻いたスティックのりを使うと巻きやすいです。

コイルを作る様子

コイルの端を紙やすりで磨きます。磨きが足りないと聞こえない場合があります。

やすりで磨く様子

出来上がったコイルをプラスチックコップの裏底につけます。なるべく中心になるようにセロハンテープで固定します。

コイルをプラスチックコップに
張り付けた様子

コイルの上に磁石を重ねてセロハンテープで固定します。この時、中心が重なるように固定します。

で出来たものに
磁石をはりつけた様子

オルゴールの線(電源側)に電池ケースの線を2,3回巻いて取れないようにつなぐ。 正負の向きに気を付ける。

オルゴールの線(音源側)には、コイルのやすりでみがいた部分を2,3回巻いて取れないようにつなぐ。

電池ケースを入れて完成です。プラスチックコップに耳を当てて音楽が聞こえてきたら成功です。

完成図

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-12-01

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

ミューロボを動かそう~「超」簡単プログラミング~

静岡大学工学部

2015-02-24

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

ボール紙で工作 ~トコトコ歩く目玉クリップを作ろう~

山形大学工学部

2013-12-26

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

音声の不思議を分析してみよう

琉球大学工学部

2012-10-31

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

色素増感太陽電池を作ろう!

愛媛大学工学部

2010-05-31

生レポート!現役学生の声

ものづくりって・・・

福島大学共生システム理工学類

2013-01-23

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

本格的なモデルロケットを身近な素材で作ってみよう

秋田大学理工学部

福井大学
工学部

  • 機械・システム工学科 機械工学コース
  • 電気電子情報工学科 電子物性工学コース・電気通信システム工学コース
  • 電気電子情報工学科 情報工学コース
  • 建築・環境都市工学科 建築学コース・都市環境工学コース
  • 物質・生命化学科 繊維・機能性材料工学コース、物質科学コース、バイオ・応用医工学コース
  • 応用物理学科
  • 機械・システム工学科 ロボティクスコース
  • 機械・システム工学科 原子力安全工学コース

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。