トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > 羊毛でフェルトボールをつくろう

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

 

羊毛でフェルトボールをつくろう

 
2013年12月10日
信州大学 繊維学部 技術部

ねらい

羊毛(ひつじの毛)は毛糸のセーターやぼうしの材料になります。はじめは、ふわふわしてますが、石けん水をかけて手で丸めてこすると、かたく縮んできてボールになります(フェルトといいます)。自分で羊毛ボールを作ってみましょう。目玉やかざりをつけたら、ぬいぐるみに!

ひつじの毛でできた
ボールとぬいぐるみ

ひつじの毛と石けん水で、
かんたんにできます

用意するもの

羊毛(ひつじの毛):手で丸められるぐらい/水切り器(なくてもよいです)/バケツに入った水/
うすめた台所石けん水(あったかいほうがよいです)/かざり用シートや目玉/はさみ/布用せっちゃく剤

つくりかた

  • 好きな色の羊毛を手にとって丸めます。
  • お湯でたくさんうすめた、あったかい台所石けん水を丸めた羊毛にかけます。
  • やさしく手で丸くこすります。
    そのうちかたいボールになってきます。
  • ボールができたら、水で洗って乾かします
    (水切り器を使うと早く乾かせます)。
  • 目玉やかざりシートを好きにくっつけて、
    できあがり(ボールのままでもよいです)。

羊毛を手にとり丸めます

石けん水をかけます

やさしく丸くこすります

だんだんとかたくなり、
ボールになります

水で洗い、乾かします

目玉やかざりをつけて
できあがり!!

わかること

羊毛にあったかい石けん水をかけて、手でこすることでからみあって、かたくなることがわかります。 羊毛は何千倍に大きくして見てみると、うろこのようなもの(スケール)が、表面にあります。このうろこが石けん水やお湯をかけて、手でこすることで、「まつぼっくり」のようにひらきます。ひらいた「うろこ」がからみあって縮んで、布やボールのようにかたくなるのです(フェルト化といいます)。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2017-04-07

生レポート!現役学生の声

モノづくりに必要なアイデアを生む力を培う

京都工芸繊維大学工芸科学部

2013-12-10

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

手作り織物でコースターを作ってみましょう

信州大学繊維学部

2011-01-26

生レポート!現役学生の声

繊維と工学

信州大学繊維学部

2009-10-01

なんでも探検隊

携帯電話を分解してみよう!

山形大学工学部

2015-11-19

生レポート!卒業生の声

試練は楽しむもの。専門にとらわれ過ぎず、視点を変える力を学生時代に!

新潟大学工学部

2017-04-28

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

意外にアツい?摩擦熱について

新潟大学工学部

信州大学
繊維学部

  • 先進繊維・感性工学科
  • 機械・ロボット学科
  • 化学・材料学科
  • 応用生物科学科

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。