トップページ > 仕事ナビ > 東京スカイツリーに関わる仕事を目指せる学科

仕事ナビ

東京スカイツリー

比較的低い東京タワーから送信されている関東エリアのテレビの電波は、高層ビルの増加に伴い電波障害が広がって きました。それを軽減するためにより高い塔が計画され、2008年に建設が始まり、完成後は地デジ用の電波(UHF波)を送信する事になっていま す。塔の高さは634mと自立式の電波塔としては世界一の高さで、日本の建築技術の粋を集めて2011年中に竣工する予定となっています。

キーワード

  • ■電波障害
  • ■地上波デジタル放送
  • ■自立式電波塔
国立大学4年生大学共学

千葉大学 工学部


私たちは、工学を「豊かな人間社会の構築を目指す実践の学問」と考えています。社会と環境を支える技術者・研究者を育成する工学部では、 1.「なぜ」を問う好奇心・探究心 2.「いかにして」を構想し、実践する力 3.「何をなすべきか」を主体的に考える力 を修得することに、興味と資質を有する人材を求めます。
国立大学4年生大学共学

山梨大学 工学部


専門技術を身につけるために必要な工学基礎科目、コミュニケーション能力・英語能力養成科目やエンジニアリングデザイン能力養成科目を系統的・効果的に履修できます。このような充実したカリキュラム体系により「未来世代を思いやるエンジニアリング教育」を実践し、社会的な課題に対応できる優れたエンジニアを養成しています。
この仕事を目指せる学科
国立大学4年生大学共学

新潟大学 工学部


キャンパスは日本海と佐渡島を臨む広大な砂丘の上にあります。この自然豊かな環境の中で、自然との調和に基づいた人類の幸福に貢献できる、創造力と総合的判断力を有する有為な人材の育成を目指した教育を実践しています。そのため、総合大学の利点を生かしながら、社会や地域と連携しつつ、基礎から応用にわたる国際的水準の研究を推し進めています。
この仕事を目指せる学科
国立大学4年生大学共学

長岡技術科学大学 工学部


主として高等専門学校卒業者等を第3学年に受け入れ、また、専門高校、普通高校卒業者等を第1学年に、ツイニング・プログラムによる外国人留学生を第3学年に受け入れるなど、特色ある技術教育の体系をとっています。また、入学者の選考には、推薦入学制度も採用しています。
国立大学4年生大学共学

和歌山大学 システム工学部


システム工学部とは複雑な社会に必要とされる先端的複合技術を学べる学部です。システム工学は、技術領域を複合・融合することで新しい科学技術を創造します。システム工学ならではの視野の広さをもった人材を育成しています。
国立大学4年生大学共学

香川大学 工学部


本工学部と大学院工学研究科は、環境に配慮し自然と共生する社会の実現を目指す「安全システム建設工学」、情報科学や電子技術を駆使できる能力を培う「電子・情報工学」、人間活動を支援する技術やロボットを研究する「知能機械システム工学」、環境に優しい新材料の開発を目指す「材料創造工学」の4分野から構成され、これら分野間の有機的連携を考えた教育研究を行い社会に貢献しています。
国立大学4年生大学共学

九州工業大学 工学部


九州工業大学工学部キャンパスは、国立大学の中でも有数の、100年の歴史を持つ緑あふれる恵まれた環境にあります。九州工業大学工学部では、建学の理念である「技術に堪能なる士君子の養成」に基づいて、「もの創り」を通じて人類・社会に貢献できる、課題解決能力を備えた技術者の養成を行っています。
国立大学4年生大学共学

大分大学 工学部


本学部キャンパスは、周囲を雑木林にすっぽりと囲まれ、緑豊かな環境に抱かれ、教育・研究にはまたとない最適な自然環境にあります。工学の基礎をしっかり身に付け、高い倫理観・人間力・柔軟な思考力を兼ね備えた優れた高度技術者育成を目指しています。研究活動も活発に行われ、これを「てこ」として教育・研究面で地域社会との深い連携関係を構築しています。
国立大学4年生大学共学

琉球大学 工学部


本学部の基本理念は、幅広い教養と技術者倫理および高度な専門知識を有し、社会および地域環境保全や平和に貢献し得る、豊かな想像力と実践力を備えた人材を養成することであり、問題解決能力の育成、専門能力を効率よく発揮するためのIT等の応用能力の修得および外国語運用能力を高めることを教育目標としている。
この仕事を目指せる学科
このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。