トップページ > 仕事ナビ > スポーツウェアに関わる仕事を目指せる学科

仕事ナビ

スポーツウェア

スポーツウェアでは、さまざまなスポーツに応じて必要な性能が異なってきます。競泳や陸上競技など激しい動きの伴う競技では、力学強度や伸縮性、流体抵抗が低いことが必要です。汗をうまく吸ったり通したりする機能も必要です。素材や厚み、表面加工、通気性などには競技ルールで制約がありますが、こうした機能を限界まで追求していきます。さらに衣装としてのかっこ良さも大切なポイントです。

キーワード

  • ■競技ウェア
  • ■耐久性素材
  • ■通気性素材
  • ■伸縮性素材
  • ■抵抗
  • ■デザイン
国立大学4年生大学共学

筑波技術大学 産業技術学部


産業技術学部は、聴覚障害学生に高等教育を実践する学部です。聴覚障害者の持つ能力・適性が十分発揮出来る「情報処理」、「ものづくり」、「生活環境創り」の領域を中心とした産業情報学科、総合デザイン学科の2学科において、社会に参画・貢献できる専門職業人を養成します。
この仕事を目指せる学科
国立大学4年生大学共学

新潟大学 工学部


キャンパスは日本海と佐渡島を臨む広大な砂丘の上にあります。この自然豊かな環境の中で、自然との調和に基づいた人類の幸福に貢献できる、創造力と総合的判断力を有する有為な人材の育成を目指した教育を実践しています。そのため、総合大学の利点を生かしながら、社会や地域と連携しつつ、基礎から応用にわたる国際的水準の研究を推し進めています。
国立大学4年生大学共学

大分大学 工学部


本学部キャンパスは、周囲を雑木林にすっぽりと囲まれ、緑豊かな環境に抱かれ、教育・研究にはまたとない最適な自然環境にあります。工学の基礎をしっかり身に付け、高い倫理観・人間力・柔軟な思考力を兼ね備えた優れた高度技術者育成を目指しています。研究活動も活発に行われ、これを「てこ」として教育・研究面で地域社会との深い連携関係を構築しています。
このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。