トップページ > 仕事ナビ > 地震警報器に関わる仕事を目指せる学科

仕事ナビ

地震警報器

地震が発生した場合、最初にP派(初期微動)が、次にS派(主要動)が地表に到着します。一般的にP派よりS派のほうが大きく、強力であるため、地震による被害は、ほとんどがS派到達以後に発生しています。そこでP波をキャッチし、震源や規模、各地のS派到達時刻、想定される震度等を推定し、強い揺れが始まる前に知らせる予報及び警報が緊急地震速報です。緊急地震速報はテレビやラジオ、インターネットなどを通じ流れていますが、これらをつけていない時に緊急地震速報を自動的に受信し、警報を発するものが地震警報器です。鉄道部門における「ユレダスUrEDAS」もその一例です。

キーワード

  • ■情報工学
  • ■地球科学
  • ■通信工学
  • ■地震学
  • ■電気電子工学
国立大学4年生大学共学

群馬大学 理工学部


理工学部は、平成25年4月に理学と工学が融合した新しい理工学部として、旧7学科を5学科に改組再編いたしました。教育・研究対象はますます高度化、多様化しています。しかしながら、群馬大学理工学部は建学のころより世界レベルの教育・研究を継続的に行っており、高度な能力を身に付けた卒業生たちは世界中で活躍しています。
この仕事を目指せる学科
国立大学4年生大学共学

山梨大学 工学部


専門技術を身につけるために必要な工学基礎科目、コミュニケーション能力・英語能力養成科目やエンジニアリングデザイン能力養成科目を系統的・効果的に履修できます。このような充実したカリキュラム体系により「未来世代を思いやるエンジニアリング教育」を実践し、社会的な課題に対応できる優れたエンジニアを養成しています。
この仕事を目指せる学科
国立大学4年生大学共学

新潟大学 工学部


キャンパスは日本海と佐渡島を臨む広大な砂丘の上にあります。この自然豊かな環境の中で、自然との調和に基づいた人類の幸福に貢献できる、創造力と総合的判断力を有する有為な人材の育成を目指した教育を実践しています。そのため、総合大学の利点を生かしながら、社会や地域と連携しつつ、基礎から応用にわたる国際的水準の研究を推し進めています。
国立大学4年生大学共学

長岡技術科学大学 工学部


主として高等専門学校卒業者等を第3学年に受け入れ、また、専門高校、普通高校卒業者等を第1学年に、ツイニング・プログラムによる外国人留学生を第3学年に受け入れるなど、特色ある技術教育の体系をとっています。また、入学者の選考には、推薦入学制度も採用しています。
この仕事を目指せる学科
国立大学4年生大学共学

静岡大学 工学部


静岡県浜松地域には「やらまいか」という独特の言葉があり、新しいことに積極的にチャレンジする気風があります。そのような地域のなかで、当学部は「自由啓発」の理念のもと、ものづくりを基盤として、基礎力と実践力を備えた人材育成、地域とともに世界へ羽ばたく研究、地域社会・産業への貢献を通し、社会から期待される学部を目指しています。
この仕事を目指せる学科
国立大学4年生大学共学

和歌山大学 システム工学部


システム工学部とは複雑な社会に必要とされる先端的複合技術を学べる学部です。システム工学は、技術領域を複合・融合することで新しい科学技術を創造します。システム工学ならではの視野の広さをもった人材を育成しています。
国立大学4年生大学共学

香川大学 工学部


本工学部と大学院工学研究科は、環境に配慮し自然と共生する社会の実現を目指す「安全システム建設工学」、情報科学や電子技術を駆使できる能力を培う「電子・情報工学」、人間活動を支援する技術やロボットを研究する「知能機械システム工学」、環境に優しい新材料の開発を目指す「材料創造工学」の4分野から構成され、これら分野間の有機的連携を考えた教育研究を行い社会に貢献しています。
国立大学4年生大学共学

九州工業大学 工学部


九州工業大学工学部キャンパスは、国立大学の中でも有数の、100年の歴史を持つ緑あふれる恵まれた環境にあります。九州工業大学工学部では、建学の理念である「技術に堪能なる士君子の養成」に基づいて、「もの創り」を通じて人類・社会に貢献できる、課題解決能力を備えた技術者の養成を行っています。
国立大学4年生大学共学

琉球大学 工学部


本学部の基本理念は、幅広い教養と技術者倫理および高度な専門知識を有し、社会および地域環境保全や平和に貢献し得る、豊かな想像力と実践力を備えた人材を養成することであり、問題解決能力の育成、専門能力を効率よく発揮するためのIT等の応用能力の修得および外国語運用能力を高めることを教育目標としている。
この仕事を目指せる学科
このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。