トップページ > イラスト検索 > 雲・星 > 気象

イラスト検索

雲・星>気象

雲・星>気象

※分野を選択すると詳細を見ることができます。

気象

アメダスは、全国約1300か所の観測所で気象観測を行っている気象庁の地域気象観測システムのことで、大雨・突風・大雪などの気象状況を、すばやく、きめ細かく知ることができ、私たちの生活に大切な天気予報の精度を上げるのにとても役立っています。

アメダス

アメダスは、地域気象観測システムの英語訳の略称を、頭文字のAMDASにしないで、AMeDAS(雨出す)とした方が面白いし、親しみやすいとして採用されました。
アメダスでは、降水量や気温、日照時間、風向・風速などを観測しています。例えば、気温は10秒間隔で観測されていて、そのデータは高速回線で10分ごとに集められます。そして、日本全国に配信され、天気予報に役立てられるのです。


「気象」について学べる・研究している大学/学部/学科
信越・北陸地区 (7学部)
東海地区 (5学部)
九州・沖縄地区 (7学部)
 
このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。