トップページ > イラスト検索 > ロボット > 介護・福祉

イラスト検索

ロボット>介護・福祉

ロボット>介護・福祉

※分野を選択すると詳細を見ることができます。

介護ロボット

遠隔診断

レスキューロボット

ロボットの長所を生かした、介護ロボットや遠隔診断、レスキューロボットを紹介します。私たちの身近に登場しそうなロボットがいっぱいですね。

介護ロボット
介護ロボット
写真提供:ロッタ有限会社

介護の分野で活躍するロボットも増えています。
写真のロボットは、目の見えない人を目的の場所まで連れて行ってくれる車いすロボットです。このロボットには、いろんなセンサが付いていて、壁に沿って動いたり、前に人がいるときにはぶつからないように止まったり、人を避けて移動するようにできています。
目の見えない人だけじゃなくて、足の不自由な人もこのロボットに乗って、好きな時に好きな場所にでかけることができます。

遠隔診断

医師が1人しかいない町もあるって知ってますか?みんなは歯が痛くなったら歯科医、目が悪くなったら眼科医のところへ行きますよね。医師が1人の町では、町の人全員のいろんな病気を1人の医師が診なくてはなりません。とても大変です。そんなとき、遠隔診断が役立ちます。
遠隔診断は、インターネットなどの通信を使って、離れた場所からでも医師が患者さんの状態を診断することができるシステムです。写真は目の診断をしているところです。

遠隔診断
写真提供:山梨大学郷研究室     患者側
遠隔診断
眼科医側
レスキューロボット
レスキューロボット
写真提供:筑波大学/サイバーダイン社

写真はロボットスーツHAL™を装着しているところです。
ロボットスーツ(ROBOTSUIT®)は、人間の身体機能を拡張・増幅して
重たい荷物も軽々と持ち上げることができます。
HAL™の応用分野は幅広く、介護や福祉のロボットとして、思うように体を動かせない人の手助けをしたり、1度に多くの荷物を運んだり、いろんな人の役に立つことができます。
さらにレスキューロボットとしても、災害現場で大きな岩をどけたり、けがをしている人を運んだりすることができるようになるでしょう。


「介護・福祉」について学べる・研究している大学/学部/学科
東北地区 (5学部)
関東地区 (11学部)
信越・北陸地区 (7学部)
東海地区 (5学部)
中国地区 (5学部)
四国地区 (3学部)
九州・沖縄地区 (9学部)
 
このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。