トップページ > イラスト検索 > 飛行機 > 航空

イラスト検索

飛行機>航空

飛行機>航空

※分野を選択すると詳細を見ることができます。

ジェット機

プロペラ機

大空を飛ぶ航空機には、飛行船、飛行機、ヘリコプターなどがあります。
人や荷物を高速で運ぶには、主翼を持つ飛行機が最も優れており、燃焼させた空気を吹き出して前進するジェット機とプロペラを回転させて前に進むプロペラ機があります。

ジェット機

ジェットエンジンは、飛行機のために発明されたエンジンで、空気を連続燃焼させて、大きな推進力を発生します。
ジェット推進は、高速や高空での性能が良いことから、高亜音速で飛行する大型旅客機や超音速で飛ぶ軍用機は、全てターボファンのジェット機です。
超音速のジェット旅客機は、機内が狭い、騒音が大きい、燃費が悪いなどの理由から、今は運航を止めていますが、若い皆さんがこれらの課題を解決すれば、超音速飛行を手軽に楽しむ時代がやって来ます。

プロペラ機

プロペラは、低速での推進効率が良いことから、小型の自家用飛行機は、重いけれど安くて整備の楽なピストン式のエンジンが好まれ、プロペラ機が活躍しています。
中速・短距離用の特殊用途の中型飛行機は、ジェットエンジンの仲間のターボプロップエンジンを使って、プロペラの先端が音速を超えないように低亜音速で飛行します。
プロペラを超音速で高回転する革新的なターボプロップが研究されており、高亜音速で低燃費の飛行が期待されています。未来の飛行機はプロペラ機かも・・・進化が楽しみですね。


「航空」について学べる・研究している大学/学部/学科
東北地区 (5学部)
関東地区 (11学部)
信越・北陸地区 (7学部)
東海地区 (5学部)
四国地区 (3学部)
 
このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。