トップページ > なんでも探検隊 > 機械コースにおける「ものづくりに関する最先端の研究」

なんでも探検隊

機械コースにおける「ものづくりに関する最先端の研究」

2017年9月1日
岐阜大学 工学部
機械工学科 機械コース
熱間鍛造シミュレータ

 機械工学科・機械コースでは、日本の強み=ものづくり技術に関する研究に力点を置き、製品を低コストかつ迅速に大量生産するための金型技術、CFRP(炭素繊維強化プラスチックス)や高強度軽量金属といった先端素材の開発と特性評価、熱や流体を巧みに制御したエコで高出力なエンジンや機械等の開発などを行っています。この中で最初に述べた金型とは、材料を型で押さえつけたり、溶かした材料を型に流し込んだりして、その型どおりの形の製品や部品を作るためのものです。自動車部品を例にとると、ボディーを作るのはプレス成形金型、プラスチックやゴム部品を作るのは射出成形金型、エンジンブロックなどはダイカスト金型で作られます。先端素材に関しては、CFRPはジェット戦闘機や旅客機の翼や胴体などの主要大型部品、高強度軽量金属は各種自動車部品や航空機部品に多く使われています。そして、これら先端素材と熱流体の制御技術により高効率で高性能な製品の開発につながっています。

連続繊維強化熱可塑性樹脂複合材料のハイサイクル成形技術

 機械コースでは、岐阜大学に設置されたセンターの中の「次世代金型技術研究センター」と連携して、

  1. 複合材料や軽量高強度金属などの先端材料の研究開発
  2. コンピュータシミュレーションを活用した高性能金型や加工方法の研究開発
  3. IoTやロボット技術を使った高性能生産システムの研究開発

 を推進し、企業との共同研究開発も盛んです。学生が共同研究のメンバーとして活躍することもあります。金型に関するセンターは全国的に見てもわずかしかなく、この研究センターでは、「先進的ものづくり実践教育カリキュラム」を提供して、我が国の将来を担う学生を育成しています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2016-08-19

生レポート!現役学生の声

興味のあることに挑戦を!!

愛媛大学工学部

2016-08-25

なんでも探検隊

地域の自然を活かした地域計画と環境デザインの実践研究

九州工業大学工学部

2013-10-25

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.6】大学はあらゆる興味に出会う旅!

九州工業大学工学部

2013-09-06

なんでも探検隊

バイオエタノールを推進薬に用いた ロケットエンジン材料の適合性について

室蘭工業大学工学部

2017-01-20

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

これから見つかる自分の興味

和歌山大学システム工学部

2013-10-04

生レポート!大学教授の声

金属材料の造形ができる3Dプリンタ

東京農工大学工学部

岐阜大学
工学部

  • 社会基盤工学科(環境コース、防災コース)
  • 電気電子・情報工学科(電気電子コース、情報コース、応用物理コース)
  • 化学・生命工学科(物質化学コース、生命化学コース)
  • 機械工学科(機械コース、知能機械コース)

学校記事一覧

なんでも探検隊
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。