トップページ > なんでも探検隊 > 有機合成で優れた機能を持つ分子をつくる

なんでも探検隊

有機合成で優れた機能を持つ分子をつくる

2017年2月10日
富山大学 工学部

 富山大学工学部環境応用化学科の有機合成化学研究室では、様々な新しい化学反応の開発と、それらを利用した機能性分子の創製について研究しています。最先端の「有機化学」の知識と技術は、新しい機能性分子をつくるための重要な武器となります。特に、生命活動に有益な働きをもつ分子を創ることは、医薬品や農薬の開発をはじめとして様々な場面で大きな役割を果たします。

 この研究室では、有機合成の新しい方法論を提案しながら、優れた機能性分子を効率的に生産するための研究を行っています。

1)天然有機分子の合成と創薬への展開

 植物や微生物などが産生する有機物質の中には、優れた機能を備えたものが少なくありません。ところが天然からの供給量には限りがあり、それらの有効利用は困難な場合がほとんどです。有用な化合物を効率的に化学合成することで、新しい製品開発を目指します。

天然有機分子の合成と創薬への展開

2)医薬品候補化合物の構造活性相関研究

 効き目の弱い化合物でも、少し化学構造を変化させることで、優れた効果を発揮する場合があります。この時に有機合成化学は大きな力を発揮します。分子の構造を望みどおりに変化させることによって、副作用が少なく効き目が強い化合物をつくります。この考え方に基づいて、新しい医薬品の創製を目指します。

医薬品候補化合物の構造活性相関研究

3)環境調和型の有機合成

環境調和型の有機合成

 医薬品候補化合物をはじめとした機能性分子を化学合成するには、さまざまな有機合成反応が必要不可欠です。これまでに多くの方法が開発されてきましたが、これからは、地球環境や資源に配慮した反応を用いなければなりません。環境調和型の有機合成反応を開発し、地球環境にも優しい効率的なものづくりを追い求め、「循環型社会」の実現を目指します。

4)新しい不斉合成反応の開発

新しい不斉合成反応の開発

 イラストはくつを作る職人さんの図です。普通の職人さんは、右足用と左足用の一対のくつを作って商売をしますが、有機合成化学の世界では、右型の分子と左型の分子のうちどちらか一方のみを作り出すことがとても重要なのです。私たちは、右型と左型の分子を精密に作り分けるための有機合成化学の新しい技術を開発しようとしています。

富山大学工学部環境応用化学科のHP

http://enghp.eng.u-toyama.ac.jp/html16/department/choice/ec/

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2009-10-01

生レポート!現役学生の声

中学生のころ思っていた「なぜ」が、...。

千葉大学工学部

2015-03-20

生レポート!現役学生の声

大学生活は人生の夏休み

熊本大学工学部

2010-12-15

生レポート!大学教授の声

「はやぶさ」の帰還に思う。ものづくりは人々に感動を与える。

弘前大学理工学部

2017-01-20

環境への取り組み

バングラデシュの水問題解決へ ~パイガサ地域の水・保健環境改善プロジェクト~

福井大学工学部

2017-04-21

生レポート!大学教授の声

すごい!と子供の頃、驚愕したこと

群馬大学理工学部

2014-01-27

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.10】大学は日々疑問と発見の連続!

茨城大学工学部

富山大学
工学部

  • 電気電子システム工学科
  • 知能情報工学科
  • 機械知能システム工学科
  • 生命工学科
  • 環境応用化学科
  • 材料機能工学科

学校記事一覧

なんでも探検隊
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。