トップページ > なんでも探検隊 > 酒からダイヤが?~液中プラズマによるダイヤモンド形成~

なんでも探検隊

 

酒からダイヤが?~液中プラズマによるダイヤモンド形成~

 
2010年2月8日
愛媛大学 工学部

液中プラズマとは、愛媛大学で2002年に発明された世界初の技術です。液体の中に、泡を作り、電波を送り込んで泡の中に数千℃の高温のプラズマ(太陽もプラズマの一種です)を作り出します。

プラズマによるダイヤモンド形成の原理

プラズマによる
ダイヤモンド形成の原理

プラズマは、温度が高いので、化学反応が非常に速く起こります。これを使うと、なんと、酒(アルコール)からダイヤモンドができてしまうのです!酒の中のアルコール分子の中には炭素原子と水素原子、酸素原子が入っていますが、分子を根こそぎばらばらにして、炭素原子だけを、基板の上に降り積もらせて、結合させることができるようになりました。

液中プラズマは、熱いプラズマを冷たい液体で囲んでいるので、取り扱いがすごく易しいです。手作りの卓上実験装置で、1cmのダイヤモンドをなんて日もそう遠くはありません。みなさんも、愛媛大学工学部で、この新しいプラズマを一緒に研究してみませんか?

酒からダイヤモンドを作ろう!

酒からダイヤモンドを作ろう!

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-02-08

生レポート!卒業生の声

モノづくりを通して感じること

広島大学工学部

2015-04-07

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.18】研究もプライベートも充実の学生生活

横浜国立大学理工学部

2012-09-18

生レポート!大学教授の声

生命歴史と次世代の製品開発

香川大学工学部

2013-07-29

生レポート!大学教授の声

勉強と遊び、バランスの取れた楽しい学生生活を

広島大学工学部

2011-11-30

生レポート!卒業生の声

社会人の視点でのメッセージとアドバイスです

新潟大学工学部

2017-03-03

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

女性現場監督として働くこと

熊本大学工学部

愛媛大学
工学部

  • 機械工学科
  • 環境建設工学科
  • 機能材料工学科
  • 応用化学科
  • 電気電子工学科
  • 情報工学科

学校記事一覧

なんでも探検隊
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。