トップページ > イベント・実験体験会 > 3Dプリンタで探る音のヒミツ

イベント・実験体験会

3Dプリンタで探る音のヒミツ

開催日 平成29年8月5日(土)
10:00~16:00
場所 駅ファブ(米沢駅2階多目的室)
対象 中学生
参加費 無料
申込締切 平成29年7月23日(日)

こんにちは。研究員の齊藤です。

私たちは、8月に中学生を対象にした理科実験教室を開催します。

今年のテーマは、「3Dプリンタで探る音のヒミツ」です。

私たちは毎日、当然のように音を出して、音を聞いています。しかし、音ってなんでしょうか?

目に見えない音には、まだ知らないヒミツが隠されていそうです。

私たちは、3Dプリンタを使っていろいろな形の笛を作って、音のヒミツを一緒に明らかにしようと思います。

米沢駅には、3Dプリンタやレーザーカッターなどのものづくりのための装置が利用できる「駅ファブ」があります。

この「駅ファブ」で一緒に音のヒミツを学びましょう!

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

山形大学
工学部

  • 高分子・有機材料工学科
  • 化学・バイオ工学科
  • 情報・エレクトロニクス学科
  • 機械システム工学科
  • 建築・デザイン学科
  • システム創成工学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。