トップページ > イベント・実験体験会 > 冬休み親子工作教室を開催します

イベント・実験体験会

冬休み親子工作教室を開催します

開催日 平成29年1月6日(金)、7日(土)
午前の部 9:00~12:00
午後の部 13:00~16:00
場所 北見工業大学 ものづくりセンター、ものづくり工房
対象 小学4年生~6年生の親子
定員 1日24組
※定員を超えた場合、抽選で参加者を決定します。
参加費 無料
申込締切 平成28年12月15日(木) 17時必着

冬休みに親子で工作はいかがでしょうか?

テーマは『ガラス彫刻』、『ソーラーブランコ』、『自分だけの宝箱』、『ラジオ作製』の4つです。

テーマ

ガラス彫刻 サンドブラスト(細かい砂をガラス表面に吹きつけ、文字や絵などを彫刻する方法)で、オリジナル作品を作ろう!
ソーラーブランコ 100均のソーラー玩具を使ってオリジナルのソーラーブランコを作って好きなミニフィギアを乗せよう!
自分だけの宝箱 切って、削って、組み立てて。オリジナルのマークを付けて自分だけの宝箱を作ろう!
ラジオ作製 電子部品(抵抗、コンデンサ、コイルなど)のハンダ付けを行い、AMラジオを作製します。
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

北見工業大学
工学部

  • 地球環境工学科
  • 地域未来デザイン工学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。