トップページ > イベント・実験体験会 > 金属中の水素を観る

イベント・実験体験会

金属中の水素を観る

開催日 平成28年8月10日(水)9:00~16:30
(受付 ~8:30)
場所 茨城大学 日立キャンパス W1棟 401a教室
対象 高校生
定員 12名
締め切り 平成28年8月2日(火)

内容

金属中の水素を観る

今、石油や天然ガスに代わるエネルギー源として水素が注目されています。応用例として水素燃料電池自動車があります。

水素は再生可能エネルギーといえませんが、再生可能エネルギーと違い、持ち運びができて使いたい時に使えます。水素を効率よく持ち運びして使うためには、今のところ高い圧力で金属製の容器に閉じ込める必要がありますが、まれに金属が高圧の水素に触れるともろくなることがあります。これを水素脆化(ぜいか)といいますが、水素を利用するにはこれを防止しなければなりません。

水素脆化は、金属の中にごくわずか(0.01%以下)の水素が入り込むためであることは分かっていますが、どういう条件の時、微視的にどこに入るかよく分かっていません。

そこで金属中の水素を観察する研究が重要になります。今回は次に述べるように、水の電気分解で発生する水素を利用して、金属中に水素を導入し、それがどこから放出されるかを観察します。

プログラム

8:30~9:00 受付(日立キャンパスW1棟401a教室)
9:00~9:15 開会式(挨拶、ガイダンス、科研費の説明)
9:15~10:00 講義(実験原理・マイクロプリント法の説明、電気分解の復習)
10:00~11:00 実験①(電解水素チャージ実験)
11:00~12:00 実験②(水素脆化実験)
12:00~13:00 昼食(軽食)
13:00~14:00 実習①(写真乳剤の塗布、マイクロプリント像観察)
14:00~15:00 実習②(結晶模型作製)
15:00~15:15 休憩(お茶)
15:15~16:00 講義(実験結果のまとめ、質疑応答)
16:00~16:30 閉会式(未来博士号授与式、アンケート記入)
16:30 終了・解散
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

茨城大学
工学部

  • 機械システム工学科
  • 電気電子システム工学科
  • 物質科学工学科
  • 情報工学科
  • 都市システム工学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。