トップページ > イベント・実験体験会 > 第14回 高校生のための一日体験教室 体験物理工房2016

イベント・実験体験会

第14回 高校生のための一日体験教室 体験物理工房2016

開催日 平成28年7月26日(火)10:00~17:00
場所 東京農工大学 工学部4号館4階 物理システム工学科オープンラボ
対象 高校生・予備校生 (高校教員も可)
希望者にはレポート作成指導も行います。
締め切り 平成28年7月8日(金)
参加希望者多数の場合には、申し込み手続きの先着順(40名程度)とさせて頂きます。

自分の手を動かしながら、物理が身近な現象や先端技術とどのように関わっているかを学びましょう。

そして、思わず一言、「現象には必ず理由がある。」そんな“物理のハート”に火をつけましょう。
目指せ、ガリレオ!

体験テーマ一覧

画像は、2015年のポスターです。

  1. 重力加速度を測る: 落体と振り子
  2. コマの科学: 逆立ちゴマと地球ゴマ
  3. フリーズドライ:固体、液体、気体の状態変化
  4. 直流モーターをつくる: 磁界が電流に及ぼす力
  5. 立体写真ホログラム撮影: 光の干渉と回折
  6. 磁石の不思議を探る: 電磁誘導の利用
  7. 水素原子のエネルギーを調べる: “光の色”で見る量子の世界
  8. オーロラをつくる: 磁界によって形作られた“プラズマ”からの発光
  9. 放射線を知る、α線を観る: 環境放射線の観察、霧箱の作成
  10. 超伝導を測る: 巨視的に現れた量子現象
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

東京農工大学
工学部

  • 生命工学科
  • 応用分子化学科
  • 有機材料化学科
  • 化学システム工学科
  • 機械システム工学科
  • 物理システム工学科
  • 電気電子工学科
  • 情報工学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。