トップページ > イベント・実験体験会 > 「再生可能エネルギーの利用に向けて」

イベント・実験体験会

 

平成25年度海事科学研究科公開講座
「再生可能エネルギーの利用に向けて」

 

開催日 :平成25年8月5日(月) 13時30分~16時30分
開催場所:神戸大学大学院海事科学研究科深江キャンパス 総合学術交流棟 梅木Yホール
参加費 :無料
対象  :高校生以上
定員  :50名
申込締切:平成25年8月1日(木)まで


「再生可能エネルギーの利用に向けて」

【テーマ】

風力、太陽光などの再生可能エネルギーの利用について、その概要及び海事科学研究科教員の取り組みを紹介し、地球環境にやさしく、安定した再生エネルギーについて考えます。

【講義日程・題目及び講師】

時間 講義題目 講師
  13:30~ 研究科長挨拶  
113:35~ 「各種再生エネルギーの概要と特徴」
再生可能エネルギーと一口に言っても、太陽・風力・バイオマス・海洋・地熱などその種類はさまざまです。ここでは、授業でとりあげているこれらの再生エネルギーの概要、並びに長所・短所を中心とした特徴を紹介します。さらに、再生可能エネルギーの利用が今後増加したときに必要な取り組みについても概説します。
井川 博雅 准教授
214:15~ 「洋上風力発電の現状について」
再生可能エネルギーの中でもとりわけ風力発電は、近年世界中で急速に導入が進んでいますが、最近では陸上のみならず、風況の良い海上に風車を設置する「洋上風力発電」の開発も進んでいます。本講演では、海外・国内における洋上風力発電の開発の現状について概説すると共に、本研究科で行われている関連研究について紹介します。
大澤 輝夫 准教授
  14:55~15:10 休憩  
3 15:10~ 「太陽光発電の仕組みと弱点」
太陽光発電は、主に太陽の光のエネルギーを電気に変えるわけですが、逆に言えば、「太陽の光がなければ発電できない」という不安定さがあり、これが弱点の一つであるといえます。ここでは、太陽光発電の仕組みとその弱点を補うために行っている太陽光発電の発電電力をあらかじめ予測するという研究事例を紹介します。
山本 茂広 准教授
4 15:50~ パネルディスカッション  

【応募方法】

受講申込書(こちらからダウンロードできます。)に必要事項を記入のうえ、郵送(必着)、またFAXで申込みください。電子メールでの申込みも可能です。(必要事項を記入してください。)
定員に余裕がある場合に限り当日の参加も受付します。

 

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

神戸大学
海事科学部

  • 海洋安全システム科学科
  • グローバル輸送科学科
  • マリンエンジニアリング学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。