トップページ > イベント・実験体験会 > 第2回子どもものづくり教室~大型水ロケットを飛ばしてみよう~

イベント・実験体験会

 

第2回子どもものづくり教室~大型水ロケットを飛ばしてみよう~

 

開催日 :平成25年5月26日(日) 13:30~16:10

開催場所:秋田大学 創造組立作業室(打上げは野球場)

主催  :秋田大学大学院工学資源学研究科附属ものづくり創造工学センター

対象  :小中学生(定員20名:先着順)

参加費 :無料

持ち物 :1.5Lの炭酸飲料ペットボトル(サントリーC.C.レモンの容器の形が望ましい)2本


第2回子どもものづくり教室~大型水ロケットを飛ばしてみよう~

製作する水ロケット

ものづくり創造工学センターでは、科学に直接触れ、体験することのできる教育として、小中学生を対象としたものづくり体験型授業を展開しています。

今年度第2回目の子どもものづくり教室では地域の小中学生を対象に、大型水ロケット製作教室を実施します。今回の大型水ロケットは1.5Lのペットボトルを3本使用し、このうちの2本を連結し、より多くの水と空気を詰めて飛ばします。タンクの容量が2倍になることで、上手く調整すると高さ100m近くまで飛ばすことができます。子どもたちには、水と空気が漏れないようにタンクを連結する作業を注意深く行いながら製作を進めると共に、タンクの容量が2倍になった場合は水と空気をどのくらい入れると最も高く飛ぶのか考えながら製作してもらいます。製作した後は実際に水ロケットを大空高く飛ばします。

本教室では小中学生のみなさんに、水ロケットの仕組みを学んでもらい、より高く飛ぶ水ロケットを製作することでものづくりの楽しさを体験してもらいたいと考えています。みなさんぜひご参加ください。

【日程】

13:30~13:35 開講式
13:35~13:50 説明
13:50~15:20 水ロケットを作ろう
15:30~16:00 水ロケットを飛ばしてみよう
16:00~16:10 閉講式

【参加申込方法】

参加者のお名前と連絡先をFAX・Eメール等で下記宛先までお送りください
申込締切り期日:平成25年5月22日(水)

申込・問合せ先: 秋田大学大学院工学資源学研究科附属ものづくり創造工学センター
E-mail : pub@mono.akita-u.ac.jp
ホームページ: http://www.mono.akita-u.ac.jp/
〒010-8502 秋田県秋田市手形学園町1-1
Tel.Fax. 018-889-2806

 

詳しくは→ http://www.eng.akita-u.ac.jp/event/1103.html

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

秋田大学
理工学部

  • 生命科学科(生命科学コース)
  • 物質科学科(応用化学コース)
  • 物質科学科(材料理工学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(数理科学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(電気電子工学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(人間情報工学コース)
  • システムデザイン工学科(機械工学コース)
  • システムデザイン工学科(創造生産工学コース)
  • システムデザイン工学科(土木環境工学コース)

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。