トップページ > イベント・実験体験会 > 第103回東三河サイエンスカフェ

イベント・実験体験会

 

第103回東三河サイエンスカフェ

 

開催日 :平成25年3月7日(木) 18:30~20:00

会場  :豊橋技術科学大学 豊橋駅前サテライトオフィス

対象  :高校生以上、どなたでも

定員  :20名 ※定員に達し次第しめきります

申込  :事前に参加の申込をしてください

締切  :カフェ開催の前日正午までにお申込みください

参加費 :無料


テーマ
ことだま on Squaek(KOTODAMA on Squeak)
- 情報A-Z「K」の巻 -

第103回東三河サイエンスカフェ

【概要】

ことだま on Squaek は、日本語で書く、オブジェクト指向型のプログラミング言語です。
例えば、図のように「車を走らせる」とき、多くのプログラミング言語では、「プログラムを作って、車を走らせる」と考えます。一方、オブジェクト指向型のプログラミング言語では、「車に走り方を教える」という考え方をします。ちょっと面白そうでしょう。
今宵は、ことだま on Squeak をとおして、プログラミングについてサイエンスしてみましょう。

【ゲストスピーカー】

お名前 河合 和久 先生
ご所属 豊橋技術科学大学 情報・知能工学系
ご専門 コンピュータ・サイエンス
先生からの一言 オブジェクト指向という考え方は、今日のソフトウエア開発には、なくてはならないものになっています。しかも、ことだま on Squaek では、プログラムをすべて日本語で書きます。今回は、あなたも実際にプログラムを作ってみましょうか。

 

詳しくは→ http://www.ita.cs.tut.ac.jp/~kawai/cs/130307kawai/130307kawai.php

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

豊橋技術科学大学

  • 機械工学
  • 電気・電子情報工学
  • 情報・知能工学
  • 環境・生命工学
  • 建築・都市システム学

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。