トップページ > イベント・実験体験会 > 室工大サイエンススクール 機器分析を体験しよう「原子吸光で水を調べる」

イベント・実験体験会

 

室工大サイエンススクール
機器分析を体験しよう「原子吸光で水を調べる」

 

開催日 :平成24年9月1日(土)10:00~15:00

対象  :中学生~高校生

定員  :5名、保護者同伴可。※同伴者は定員に含めません。

場所  :室蘭工業大学 機器分析センター

講師  :室蘭工業大学技術職員 宮本 政明、教員 沖野 典夫、技術職員 沓澤 幸成

参加費 :無料

申込期間:8月6日(月)から8月17日(金)まで

主催  :室蘭工業大学


さわって、つくって、楽しい科学

室蘭工業大学では、「子供向けの体験活動講座」など、大学の開放を図ることを目的として室工大サイエンススクールを実施しています。地域の小・中学生等の皆さんに、日常の授業をはなれて「科学」や「ものづくり」の楽しさを学んでいただきたいと思いますので、是非、一度ご参加ください。参加費は無料です。

企画概要

分析機器を使用した体験学習を通じて科学分野への興味喚起と、機器分析センターの活動を周知し、地域貢献の一環として実施する事を目的としています。機器分析センター(環境測定装置室)に現有する原子吸光分析装置を用いて「水」に含まれるミネラル(マグネシウムおよびカルシウム)成分の濃度判定を行い、「水の硬度」を計算により算出します。蒸留水、市販ミネラルウォーター、水道水について上記の濃度判定を行い考察します。


詳しくは→ http://www.muroran-it.ac.jp/guidance/r_so/ss_mit.html

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

室蘭工業大学
工学部

  • 建築社会基盤系学科
  • 機械航空創造系学科
  • 応用理化学系学科
  • 情報電子工学系学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。