トップページ > イベント・実験体験会 > 聴覚に障害を持つ高校生を対象とした「CG入門」

イベント・実験体験会

 

聴覚に障害を持つ高校生を対象とした「CG入門」

 

開催日 :平成24年8月7日(火)、8月8日(水)、8月9日(木) 10:00~17:00

対象  :高校生

募集人数:10人

講習料 :8,200円

申込期間:平成24年7月17日(火)まで

場所  :筑波技術大学 天久保キャンパス (つくば市天久保4-3-15)


コミュニケーションハンディを克服するという意味でも、コンピュータの操作技術とこれらの知識は重要

視覚情報に大きく依存する聴覚障害者にとって、CG技術の基礎知識とこれらを自由に使いこなせる力は、豊かな社会生活を送る上でも必要です。さらに、コミュニケーションハンディを克服するという意味でも、コンピュータの操作技術とこれらの知識は重要な意味を持ってきます。

本講座は、産業技術学科での教育環境を駆使し、コンピュータの基本操作とグラフィックス作成の基本から応用までの幅広い内容を楽しく体験・習得してもらうことを目的としています。

講座内容
基本操作 1.コンピュータ画像の見え方
2.二次元アニメーション入門-Ⅰ
3.二次元アニメーション入門-Ⅱ
オブジェクトの製作Ⅰ 4.絵を描いてみよう
5.三次元アニメーション入門-Ⅰ
6.三次元アニメーション入門-Ⅱ
オブジェクトの製作Ⅱ 7.三次元アニメーション入門-Ⅲ
オブジェクトの製作Ⅲ 8.三次元アニメーション入門-Ⅳ
完成作品発表 9.三次元アニメーション入門-Ⅴ


詳しくは→ http://www.tsukuba-tech.ac.jp/social_contribution/open_lectures/koukaikoza_2012_cg.html

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

筑波技術大学
産業技術学部

  • 産業情報学科 情報科学専攻
  • 産業情報学科 システム工学専攻
  • 総合デザイン学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。