トップページ > 環境への取り組み > 福島大学の環境への取り組み

環境への取り組み

福島大学の環境への取り組み

関東地区

2016年11月30日
関東地区

福島大学 共生システム理工学類

二段階溶出

 福島大学は、豊かな自然環境を有する福島県に立地しており、この豊かな自然を保全するため、共生システム理工学類内において、「磐梯朝日自然環境保全研究所」を設置し、わが国の自然公園における遷移途中にある自然環境を自然遺産として良好に維持・保全するための方策を解明することを目的として、研究を行っています。詳しくは、

「磐梯朝日自然環境保全研究所」のホームページ

http://www.sss.fukushima-u.ac.jp/bandai-asahi-project/

をご覧ください。

 一方で、東京電力による原発事故によって、甚大な被害を受け、失われた生活および自然環境を1日も早く取り戻すべく、共生システム理工学類内における「廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム」を通して、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けての人材育成に取り組んでいます。 また、復興と持続可能な発展を目指し、「再生可能エネルギー人材育成プログラム」も実施しています。詳しくは、

廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム

http://decommission.sss.fukushima-u.ac.jp/

再生可能エネルギー人材育成プログラム

http://www.sss.fukushima-u.ac.jp/saiene/

をご覧ください。また、福島に再び安心安全な環境が戻ってくることを願い、福島大学環境放射能研究所(http://www.ier.fukushima-u.ac.jp/index.html)を通して、国内外の研究機関と連携して、森林、河川、湖沼、海洋等の環境における放射性核種の動態に関する基礎的ならびに応用的研究も行っています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-12-13

生レポート!大学教授の声

電気エネルギー供給の一翼を担う風力発電

北見工業大学工学部

2015-12-24

環境への取り組み

環境的に持続可能な都市交通システムの実現を目指して

愛媛大学工学部

2016-01-21

環境への取り組み

低炭素社会を目指す太陽エネルギー最大活用プロジェクト

宮崎大学工学部

2015-03-03

なんでも探検隊

海藻は宝の山-コンブからエネルギーと有用物質をつくる

広島大学工学部

2014-10-21

生レポート!大学教授の声

未来の再生可能エネルギー開発を目指す -バイオ電池開発-

福井大学工学部

2015-10-29

なんでも探検隊

海洋エネルギーへの挑戦

長崎大学工学部

福島大学
共生システム理工学類

  • 人間支援システム専攻
  • 産業システム工学専攻
  • 環境システムマネジメント専攻

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。