トップページ > 環境への取り組み > 植物や微生物が排水をきれいにしながらエネルギー・資源を生産します。

環境への取り組み

 

植物や微生物が排水をきれいにしながらエネルギー・資源を生産します。

 
関東地区 2014年8月5日
関東地区
山梨大学 工学部

植物や微生物を研究し、その力を知ることは、私たちの生活と環境を守ることに大いに役立ちます。

私たちの生活、工業活動や農業活動などを通して多くの物質が水環境中に排出されています。例えば日本では、毎日1人200リットルの生活排水を出していて、その中には食品、薬品、排泄物などの有機物が大量に含まれています。人間活動から排出される有機物が過剰に環境中に放出されると水質汚濁が生じ、野生生物に悪影響が出るばかりでなく、私たちが安全に使える水の減少や私たちの健康にも悪影響が出る可能性があります。日本などでは、下水道や排水処理施設の整備が進んでいますが、同じシステムを世界中のすべての場所で使えるわけではありません。そして、日本においてもコストやエネルギーの投入が少ない水処理・環境浄化技術が求められるようになっています。

私たちは、植物や微細藻類を(i)環境保全・浄化装置、(ii)バイオマス燃料・資源生産装置として捉え、微生物とのコラボレーションや予測モデル、工学的利用デザインなどを駆使して、植物/微細藻類利用技術の高機能化と高効率化を目指しています。
A: ヨシ、B: デンプン高蓄積性ミジンコウキクサ、C: ウキクサ、D: オイル生産性微細藻類

「植物の浄化作用」と「植物と微生物の共同作用」で水をきれいに

植物は太陽光をエネルギー源にして光合成を行い、酸素を出しながら二酸化炭素と水から糖質を合成し、さらに窒素やリンなどの無機物も取り込んで様々な有機物を合成します。さらに、植物の根の周りには植物から分泌される栄養素や酸素を求めてとても沢山の微生物が集まっているため、微生物による有害物質の分解能力も高くなっています。このように、植物に刺激された微生物と、植物自体のもつ浄化作用が同時に期待できます。

排水処理と同時にバイオマス燃料・資源の生産を

植物や藻類を利用して排水中から窒素やリンを除去するのと同時に、その排水処理過程で生産された植物・藻類バイオマスを燃料・資源として利用することを目指しています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2015-11-30

環境への取り組み

マイクロバブルとミストによる環境浄化

熊本大学工学部

2015-07-30

環境への取り組み

山形県のバイオマス資源から取得した微生物による創農薬への挑戦

山形大学工学部

2017-04-21

Pict-Labo

マイクロスフィア・スクリーニング

鹿児島大学工学部

2014-10-22

生レポート!現役学生の声

工学らしくない工学部

北見工業大学工学部

2017-08-10

環境への取り組み

自然と人をつなぐ未来の環境技術を創造する

和歌山大学システム工学部

2010-02-03

環境への取り組み

微生物のもつ機能を知り、利活用する技術開発を目指して

宇都宮大学工学部

山梨大学
工学部

  • 機械工学科
  • 電気電子工学科
  • コンピュータ理工学科
  • 情報メカトロニクス工学科
  • 土木環境工学科
  • 応用化学科
  • 先端材料理工学科

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。