トップページ > 環境への取り組み > 下水処理場のバイオマスパーク化に向けた社会実証実験

環境への取り組み

 

下水処理場のバイオマスパーク化に向けた社会実証実験

 
東海地区 2013年1月25日
東海地区
豊橋技術科学大学

○バイオマスとは?

バイオマスとは、石油などの化石資源を除く有機性の資源のことです。家畜糞尿や生ごみ、廃食用油などの廃棄物となっているバイオマスや、稲わら、林地残材などの未利用のバイオマス、サトウキビやトウモロコシなどの資源作物などがあります。
豊橋技術科学大学では、愛知県と協力して、下水処理場から発生している下水汚泥と、地域で発生している生ごみなどを原料として、エネルギーや肥料、作物生産を行うバイオマスパークの実証実験を実施しています。

○豊川バイオマスパーク構想

愛知県豊橋市にある広域下水処理場の豊川浄化センターを、実証実験のフィールドとしています。この下水処理場において、下水汚泥(図中:A)および生ごみなど(B)を原料にしたメタン発酵(C)、精製したバイオガスによる発電(D)、発電時に排出される熱や二酸化炭素(CO2)(E)を利用した植物工場(F)、バイオガスに含まれるCO2(G)を溶解した水を用いた海藻工場(H)、メタン発酵消化液(I)の高品位肥料化(J)を行う実証実験を行う計画です。
このように、バイオマスやCO2、熱を有効利用する低炭素型資源循環拠点を形成し、気候変動対策の方策の一つとしての実証実験を行っています。

瀬戸内海の風景。高松港からみた女木島と男木島。鬼ヶ島伝説がある。

図1 豊川バイオマスパーク構想

○国内初の取組事項

  • 下水汚泥を原料にし、高品位肥料を製造
  • 排気CO2添加による養殖場実証試験
  • 排気CO2施肥による作物栽培
  • 下水処理場での肥料や液肥を利用した食物生産・市民農園の構築


※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-03-15

環境への取り組み

新潟県次世代地域エネルギー開発拠点

長岡技術科学大学工学部

2010-01-22

なんでも探検隊

カニやエビの殻で“ゴミが宝の山へ”!

宮崎大学工学部

2015-08-03

環境への取り組み

みんなのバイオマスエネルギー

群馬大学理工学部

2014-02-18

環境への取り組み

膜分離技術を活用したエネルギー・環境技術の紹介

長崎大学工学部

2011-02-18

環境への取り組み

地域と大学が一体となった低炭素街づくり

群馬大学理工学部

2015-07-30

環境への取り組み

山形県のバイオマス資源から取得した微生物による創農薬への挑戦

山形大学工学部

豊橋技術科学大学

  • 機械工学
  • 電気・電子情報工学
  • 情報・知能工学
  • 環境・生命工学
  • 建築・都市システム学

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。