トップページ > 環境への取り組み > シップリサイクルシステムの構築

環境への取り組み

 

シップリサイクルシステムの構築

 
北海道地区 2009年10月01日
北海道地区
室蘭工業大学 工学部

●世界中で年間200~600隻の船舶(シップ)が解体・リサイクルされていますが、タンカーのダブルハル化(※)により、2010年 からシングルハル(※)の解体が増える予定です。(※シングルハルは船体の一重船殻、ダブルハルは船体の二重船殻です。ダブルハルは、船体の強度を高め、原油流出汚染を防止します。)

●シップリサイクル基準を定めた条約が2009年に採択され、最短で2012年条約発効+国内法施行の見通しがあります。

 

●世界の廃船処理の現状

バングラデシュ等の発展途上国の海岸では、各国から送り込まれた廃船の解体作業を劣悪な労働環境の下に行われています。
人力による作業で多くの労働者が死亡しており、PCB、水銀、アスベスト等の有害物質や重油による健康被害と海洋汚染も問題となっています。

 

 

●室蘭プロジェクトの概要

●室蘭は、かつて鉄鋼と造船で繁栄し、「鉄のまち室蘭」といわれましたが、近年相次ぐ事業所の合理化等により活用されていない施設が多くあります。
●船舶から発生する鉄スクラップは、不純物が少なくて鉄材として高品質なので、自動車の鋳鉄部品等の付加価値のある製品への再生を目指しています。
●産学官連携により、シップリサイクルシステムを構築し、地域経済の活性化を図っています。
 

室蘭にある既存施設

造船所
PCB処理施設
製鉄所
 

室蘭シップリサイクル研究会(平成20年4月21日 第1回開催)

【構成】室蘭工業大学、(独)海上技術安全研究所、新日本製鐵(株) (株)日本製鋼所、佐藤鋳工(株)、札幌高級鋳物(株)、(株)鈴木商会、産業振興(株)、函館どつく(株)、(株)富士サルベージ、(株)アール・アンド・イー、室蘭市、室蘭商工会議所、(財)室蘭テクノセンター (財)造船技術センター、道立工業試験場、室蘭運輸支局(事務局)
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-09-14

環境への取り組み

身近な環境浄化から国境を越えた環境調査・環境再生まで

金沢大学理工学域

2016-03-04

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.26】「いいな!」に挑戦する

神戸大学海事科学部

2014-09-16

生レポート!大学教授の声

ものづくり と 後片付け

神戸大学海事科学部

2014-02-27

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

ポンポン蒸気船を作ろう!

北見工業大学工学部

2011-11-30

生レポート!現役学生の声

東京湾の安全を守るため、将来を見据えた研究・訓練の日々

東京海洋大学海洋工学部

2013-10-25

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.6】大学はあらゆる興味に出会う旅!

九州工業大学工学部

室蘭工業大学
工学部

  • 建築社会基盤系学科
  • 機械航空創造系学科
  • 応用理化学系学科
  • 情報電子工学系学科

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。