トップページ > 環境への取り組み > 摩周湖における環境調査 摩周湖ベースラインモニタリング

環境への取り組み

 

摩周湖における環境調査 摩周湖ベースラインモニタリング

 
関東地区 2009年10月01日
北海道地区
北見工業大学 工学部 エコ材料分析研究室


(国立環境研究所との共同研究)


摩周湖ベースラインステーション
摩周湖水採水作業

“材料の開発”は、廃棄物のリサイクルなどを通して、環境保全・改善に大きな役割を果たしています。
まず、環境改善のためには、現在の環境を正確に把握することが重要です。  
北見工業大学の近くに位置する摩周湖は、世界一の透明度(41.6m、1931年)を記録した世界で最も清澄(せいちょう)な湖の1つです。摩周湖には、流入河川が無く、また周辺に工場等の汚濁源が無いので、湖水中に環境汚染物質の濃度の増加があった場合は、それらが雨水・大気粉塵等経由であることがわかるのです。まさに地球環境を監視する高感度センサーと言えるでしょう。  
私たちは、超微量の有害成分の分析方法を考案し、摩周湖の水質調査を学内や学外の研究機関とともに行い、地球環境を観ています。考案した方法は最先端の材料分析への応用が可能であり、自然と調和する“材料の開発”に貢献します。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-08-30

環境への取り組み

秋田の資源と地域のアドバンテージを活かした環境・資源教育活動

秋田大学理工学部

2015-07-17

生レポート!大学教授の声

材料開発でノーベル賞!

九州工業大学工学部

2010-02-02

環境への取り組み

川の環境を守る「水制(すいせい)」

愛媛大学工学部

2009-10-01

環境への取り組み

水の流れを追いかける研究者たち

山梨大学工学部

2009-10-01

環境への取り組み

最上川の水質調査研究

山形大学工学部

2010-08-19

生レポート!卒業生の声

学びが役立つありがたさは、卒業後にこそわかるものです

北見工業大学工学部

北見工業大学
工学部

  • 地球環境工学科
  • 地域未来デザイン工学科

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。