トップページ > 環境への取り組み > エコキャップ運動への取り組み ~捨てるより 集めて救う エコキャップ~

環境への取り組み

 

エコキャップ運動への取り組み ~捨てるより 集めて救う エコキャップ~

 
東海地区 2009年10月01日
東海地区
名古屋工業大学 工学部

●エコキャップ運動と名古屋工業大学のリサイクル技術

エコキャップ運動は、ペットボトルのキャップを分別・回収することにより、再資源化を促進し、焼却処分による二酸化炭素の発生を抑えます。回収したキャップはエコキャップ推進協会がリサイクルメーカーに売却し、利益をワクチン寄付団体へ寄付します。ワクチンはワクチン接種率の低い発展途上国に送られています。キャップ800個毎にポリオワクチン1本になり、一人の子どもの命が救えます。また、キャップ400個をリサイクルすることで、3150gの二酸化炭素の削減にもつながっています。

名古屋工業大学では、学内にキャップ専用の回収ボックスを設置し、学生ボランティアがキャップを回収します。キャップはエコキャップ推進協会を通してリサイクルメーカーに売却され、企業と共同研究により開発したリサイクルボードに加工されます。そのリサイクルボードを用いて、学生が様々なキャンパスファニチャー(道具)に加工したりします。

世界でも珍しい装置で、水の中の原子を調べると、目に見えない水と栄養の流れが予想できるようになります。

●エコキャップ運動の展開

名古屋工業大学は、『ひとづくり』『ものづくり』『未来づくり』を大学の理念として、教育、研究および社会貢献に取り組んでいます。

ひとづくり(環境意識の向上)
エコキャップ運動を推進します。ワクチン寄付により、環境意識を育みます。
ものづくり(産学共同研究の成果)
リサイクルボードを使用したベンチやテーブル等を作成し、大学内に設置します。
未来づくり(持続可能な活動)
再資源化の促進による循環型社会を作ります。
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2009-10-01

環境への取り組み

持続可能な社会・環境のために ~化学物質の情報基盤の構築とリスク評価~

横浜国立大学理工学部

2010-08-23

なんでも探検隊

人が安心・安全に暮らせる環境の持続に向けて

茨城大学工学部

2009-11-30

環境への取り組み

エコ大学日本一としての取り組み

岩手大学理工学部

2010-06-03

生レポート!大学教授の声

ものづくりにおける本当のエコってなんだろう

岡山大学環境理工学部

2010-01-15

環境への取り組み

地方の一次産業振興と自然環境の保全に関する学外実習の取り組み

徳島大学理工学部

2013-08-30

環境への取り組み

秋田の資源と地域のアドバンテージを活かした環境・資源教育活動

秋田大学理工学部

名古屋工業大学
工学部

  • 生命・応用化学科生命・物質化学分野
  • 生命・応用化学科ソフトマテリアル分野
  • 生命・応用化学科環境セラミックス分野
  • 物理工学科材料機能分野
  • 物理工学科応用物理分野
  • 電気・機械工学科電気電子分野
  • 電気・機械工学科機械工学分野
  • 情報工学科ネットワーク分野
  • 情報工学科知能情報分野
  • 情報工学科メディア情報分野
  • 社会工学科建築・デザイン分野
  • 社会工学科環境都市分野
  • 社会工学科経営システム分野
  • 創造工学教育課程
  • 第二部物質工学科
  • 第二部機械工学科
  • 第二部電気情報工学科
  • 第二部社会開発工学科

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。