トップページ > 学生の一日 > 山形大学大学院理工学研究科修士1年の1日

学生の一日

山形大学大学院理工学研究科修士1年の1日

8:00-起床
10:00-研究or授業
12:00-昼食・休憩
12:45-研究or授業
18:00-部活動orアルバイト
23:30-帰宅
25:00-就寝
8:00-起床
10:00-研究or授業
12:00-昼食・休憩
12:45-研究or授業
18:00-部活動orアルバイト
23:30-帰宅
25:00-就寝
山形大学大学院理工学研究科修士1年の1日
山形大学大学院理工学研究科修士1年の1日

研究室での生活

 山形大学大学院理工学研究科バイオ化学工学専攻の修士1年です。
私は骨補填材の利用を目指した新規材料の開発に向けた基礎研究をおこなっています。研究を進めていく上で、わからないことがでてきた際には論文を読んだり、先生や先輩、後輩とディスカッションを重ねたりしながら理解を深めています。研究以外にも、論文紹介や報告会など、人前で発表する機会が多くあり、以前よりか話す力が向上しました。時には、研究室全体でお花見や旅行、飲み会などのイベントを開催しているので、メンバー同士の仲はとても良いです。そのおかげで楽しく充実した学生生活を送れています。

部活動

 新聞部では取材から発行までを学生だけでおこなっています。私は学部4年生まで地域交流サークルに所属し、大学院からは文章能力向上のため、新聞部に加入しました。活動を通して、文章作成への苦手意識を克服できただけではなく、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力も鍛えることができました。

山形大学 工学部
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。