トップページ > 学生の一日 > 学びと趣味を両立させた日々

学生の一日

学びと趣味を両立させた日

学びと趣味を両立させた日々

私の大学生活は、授業・サークル・バイトの3つで成り立っています。

やはり第1にしなければならないのが授業ですが、学部1・2年生のうちは工学の基礎分野を学んでいきます。私の通う機能材料工学科は、生物・化学・物理を広く学べる特色ある授業構成になっているため、各授業の予習復習、さらには学生実験のレポートに追われる日々です。3年生になると授業の内容もより専門的になり、自分が興味のある量子力学や、半導体を詳しく学べる授業を中心に取っていました。4年生になると、今までに学び、興味を持った分野の研究室に入って卒業研究を進めます。私は3年生のうちから興味があった半導体薄膜材料の研究室を選び、日々朝から夜まで実験、評価などの研究を行っています。毎日目の前の課題をこなすことで精一杯ですが、今自分が研究しているデバイスが生活の一部に役立つことを目指し、やりがいを感じて取り組んでいます。

そうした授業の一方、私が楽しみにしているのがサークル活動です。忙しくてできないかと思っていましたが、入学から引退まで3年間、ビッグバンドジャズサークルに所属し、学部・学年を超えた仲間たちとともに音楽を作りました。東京ディズニーシー・ミュージックプログラムへの出場や、地域の福祉施設・お祭りでの演奏、他大学とのジョイントコンサートなど、授業だけでは得られない多くの経験ができました。

さらに空いた時間は個別指導学習塾と外車ディーラーでのアルバイトをし、塾に通う中学生・高校生たちやディーラーの社員さんたちとの接し方も学びました。

専門的な内容は授業で、授業では学べないことがサークル・バイトで得られるのはやはり大学生の時しかないと思います。工学部は忙しく、サークルもバイトもやる暇がないと思われがちですが、時間は作ればいくらでもできるもので、作らないとせっかくの学生生活を損すると思います。忙しいことを裏返せば充実した毎日です。やりたい事をすべてやる、これが私の大学生活での目標でしたが、十分楽しみ、実のある生活を送っています。

埼玉大学 工学部 A. M.
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。